ニュース
» 2017年04月26日 11時59分 UPDATE

「これが私の答えだ」 オリラジ中田、転売撲滅のための新システムを提唱

「全ての人は救えない。しかしこれなら、キャパシティ1000以下のライブを救うことができる」

[宮澤諒,ねとらぼ]

 チケット転売屋との徹底抗戦の姿勢を示しているオリエンタルラジオの中田敦彦さんが4月25日、現在構想中の転売撲滅のためのシステムをブログで公開しました。

中田敦彦さんのブログ 転売撲滅のためのシステムを解説(中田敦彦さんのブログから)

 4月16日に自身のブログで「オリラジ中田、チケット転売屋と大乱闘!」と題したエントリを公開し、「次のライブは、絶対に転売屋が介入できない仕組みを作る」と公言していた中田さん。今回のエントリでは、誰がなぜ損しているのかという基本的なところから、自らの考えを織り交ぜつつ説明しています。

 中田さんによると、転売問題に絡むプレイヤーは主催者・出演者・転売者・来場者の4者に分けられ、そのうち損しているのは出演者と来場者の2者。来場者は転売屋が介入することでチケットが手に入りづらくなり、それでもライブに行きたい場合は定価より高い金額を支払わなければなりません。また出演者にとっても、転売屋がチケットを売り残すことで来るはずだったファンを取りこぼすことになるだけでなく、次回の会場のキャパシティーを決めるためのデータが取れないといった問題もでてくるといいます。

 さらに中田さんは、純粋なファンだった来場者が転売屋になってしまう可能性も指摘。転売屋によってチケットの購入を阻害されたファンの中には、ファンクラブの口数を増やしてでも購入しようとして結果的に複数枚のチケットを手にしてしまい、元手回収のために定価で転売する人もいるとのこと。そういった人の中から、定価以上でも手に入れたいファンがいることに気付き、利益を求めて転売するようになる人がでてくると、図を提示しながら説明しています。

中田敦彦さんのブログ ファンが転売屋になる構造(中田敦彦さんのブログから)

 転売屋の温床となっているような販売サイトでは、こういった「ファンであり転売屋でもある人」と「転売を専業にしている人」の境界があやふやで区別がつかないことから、「表向きは区別がつかないということを隠れ蓑にして多くの高額転売を放置している可能性が高い」といいます。

 これらの問題から、来場者は「ルールを守り、転売屋からは購入しない」「どうしても行きたい場合は高額で購入することになる」という、どちらに転んでも損する状態に陥っているだけでなく、主催者の転売屋対策の1つである「本人確認」が、来場者の負荷を高めているとも。また、定価譲渡を目的とした再販サービスについても、サービスを利用するインセンティブが、高額で売りたいというインセンティブに劣ってしまっていると指摘します。

 以上の問題に対して中田さんは、チケット数に制限を設けない「ジャスト・キャパシティ・システム」という案を提唱。これは会場のキャパを決めずにチケットを販売するというもので、事前にキャパの異なる会場をキャンセル料なしという条件でいくつか仮押さえした上で、初動を見てから会場を決める方法。会場が決まれば、来場者のために会場のエリアを発表し、最終段階で座席数を確定、詳細な場所を伝えます。さらに、チケットのキャンセルを不可とし、行けなくなった人のために再販制度(「再販は1000円引きまでオーケー」とのこと)を導入することで、転売屋が損する構造を作り出すといいます。「チケットが買えない人を作らないことで転売屋を撲滅する。行けなくなった人がチケットを売る仕組みもある。空席を作らないことでライブを盛り上げる」(中田さん)。

中田敦彦さんのブログ 「ジャスト・キャパシティ・システム」の仕組み(中田敦彦さんのブログから)

 最後に中田さんは、次回のライブ会場のエリアを「舞浜」と発表。「全ての人は救えない。しかしこれなら、キャパシティ1000以下のライブを救うことができる。これが私の答えだ」と宣言し、転売屋撲滅への第一歩を踏み出しました。次回のライブは5月27日に開催されます。

 チケット転売については、2016年8月に、楽業界4団体、アーティスト116組、イベント24団体が大規模な共同声明を発表しています(関連記事)。中田さんは前回のエントリでこの取り組みについて触れ、「お笑い業界はその存在すら知らない丸腰状態。そして、チケット後進国お笑い業界に転売屋が流入してきたという経緯だ」と説明。警鐘を鳴らしていました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー