ニュース
» 2017年04月26日 11時35分 UPDATE

稼働すること17年 山梨にある「あんこの自動販売機」に驚きの声、設置したお店に話を聞いた

意外な需要と意外な供給方法により成り立つ一風変わった自動販売機。

[コンタケ,ねとらぼ]

 世の中には意外なものを販売する自販機がたくさんありますが、山梨県富士吉田市にはなんと“あんこの自動販売機”が設置されています。Twitterユーザーのはつゆきさん(@HatsuyukiBlue)がTwitterに投稿したもので、その珍しさから驚きの声が多数寄せられています。




あんこ 自動販売機 山梨 あんこの自動販売機。手書きの商品名にほっこりする

 一体なぜあんこが自動販売機で売られているのか。同機を設置している、あんこ専門店の倉沢製餡所に話を伺いました。

 ―― あんこの自販機はいつ頃から設置されているものでしょうか

倉沢製餡所: ちょうど2000年なので、17年前になります。

―― どのようないきさつで設置することになったのでしょうか

倉沢製餡所: 人手不足などから、店を留守にしてしまうことが多かったためです。せっかく買いに来ていただいても対応できないことがあり、自販機で販売することにしました。

―― 販売しているあんこの種類を教えていただけますか

倉沢製餡所: つぶあん、こしあん、しろあん、うぐいすあん、やわらかいつぶあんの5種になります。

―― 販売価格はおいくらでしょうか

倉沢製餡所: 900グラム入りで、全て400円です。1袋入りと、小袋2つ入りのものがあります。

―― 自販機ではどのくらい売れていますか

倉沢製餡所: 1日10個程度だと思います。

―― やはり定休日の方が自販機で購入されていく方は多いのでしょうか

倉沢製餡所: いえ、24時間稼働させていることもあり、営業日・定休日ともあまり変わりませんね。

―― お客さんからの反応はどうでしょうか

倉沢製餡所: 珍しがる方が多く、「あんこの自動販売機だー」と話されている方がよくいらっしゃいます。

―― 自販機を置くほどあんこが売れるのもすごいですね

倉沢製餡所: この辺りでは団子を家庭で作る文化が根づいているためです。今の時期だと、よもぎ団子を作る方がたくさんいらっしゃいますよ。


あんこ 自動販売機 山梨 よもぎ団子


 地元に根付く家庭での菓子作りと、買いに来た人皆にあんこを届けたいというお店の願いが合わさりできたのが“あんこの自動販売機”だったようです。

関連キーワード

自動販売機 | おやつ/お菓子


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう