ニュース
» 2017年04月29日 09時00分 UPDATE

いつもの日常がステージに! スマホ×ガンコンで楽しむARシューティングゲーム開発プロジェクト始動

日常の空間をステージにシューティングゲームができる。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 スマホを取り付けた銃型コントローラーで遊ぶARシューティングゲーム「Bluetooth AR Gun」が日本上陸。クラウドファンディングサイト「Makuake」で目標額70万円のプロジェクトが実施されています。

銃型コントローラーとスマホで遊ぶARシューティングゲームが日本上陸
コントローラーは大きめサイズと小さめサイズの2種類

 「Bluetooth AR Gun」は専用の銃型コントローラーとアプリの組み合わせで実現する、現実と仮想を融合させたARシューティングゲーム。

 リビングやオフィスといった日常の空間をステージにして、いつでもどこでもガンシューティングゲームが楽しめるというもので、レーダーを頼りに飛び交う戦闘機を撃ち落とす「戦闘機ゲーム」、円盤型のUFOが飛び出してくる「UFOクレー射撃」、異星人の襲撃から生き延びる「異星人との遭遇」など、全5種類のタイトルの実装が発表されています。

迫り来る戦闘機を撃ち落とせ!
襲い来る異星人を撃退せよ!

 銃型コントローラーはガッシリとした大きめサイズと、リボルバー感のあるスリムな小さめサイズの2種類が用意されており、どちらも上部のホルダーにスマホをセットし、Bluetoothでペアリングさせるという仕様。OSはiOSが8.0以上、Androidは4.4以上に対応しています。

スマホの画面という視界が限定されるというのも……良い!

 開発したのは中国・深センを拠点にしているShenzhen Gobay Electronicsで、北米での展開がスタートしたばかり。

 日本での展開に先駆けた「Makuake」のプロジェクトは既に目標額を超え、100人以上のユーザーから注文を受けています。

 大小コントローラーのサイズが選べるようになっており、一般販売予定価格は1万800円で、「Makuake」特別価格として6480円からコースを用意。製品の発送は2017年10月を予定しています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー