ニュース
» 2017年04月29日 15時28分 UPDATE

ニコニコ超会議2017:アニメヒロインの制服、セーラー服からブレザーが主流になったのは○○○の影響? ニコニコユーザーが研究

そうだったのか!!!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 アニメに登場するヒロインの制服を分類したところ、2007年まではセーラー服が多数派でしたが、2008年を境にブレザーが主流になった――。「超まるなげひろば」内「ニコニコ学会」コーナーでは、そんな一風変わった研究がポスターセッション形式で発表されています。


ニコニコ学会 サークル「田中屋」による研究「アニメ制服調べました!」

 冒頭の研究「アニメ制服調べました!」は、サークル「田中屋」の“しょんぼり”さん(@toko_m)による発表。1990年から2015年までのテレビアニメ2950作品について、登場する女子の制服をセーラー系、ブレザー系、その他の3種類に分けて目視調査したところ、2008年を境に、セーラー系からブレザー系へとトレンドが変化していることが分かったそうです。


ニコニコ学会 2008年を境にブレザー系(黄色系)が急増。セーラー系は青色

 田中屋さんはこの理由について、「2007年まではゲーム(エロゲ含む)原作のアニメが多く、2008年以降はライトノベル原作の作品が主流になっている」と分析。特にゲーム原作のヒロインはセーラー服であることが多く、ライトノベル原作が増えたことで自然にブレザーのヒロインが増えたのでは――と推測していました。確かに説得力ある。


ニコニコ学会 原作ジャンルごとに制服を分類。ゲーム原作の作品は特にセーラー系の比率が高く、ブレザーは少ないことが分かります

 ニコニコ学会コーナーでは他にもユニークな研究が多数。グスコーミドリさん(@gusuko_midori)は、年代別にアニメヒロインの顔を抽出・合成し、各年代の「平均顔」を割り出しました。またエロマンガについて飽くなき探求を続ける牧田翠さん(@MiDrill)は、歴代のエロマンガを対象に強姦/和姦の比率や、“絶頂”描写の有無などさまざまな切り口で分析。過激な内容ばかりが取り沙汰されがちなエロマンガですが、実は男性向け作品では昔から和姦作品の方が多く、特に直近の2016年では強姦作品はかなり少なくなっている――といった研究結果を導き出していました(牧田さんの過去の研究)。しばしば「乱暴する気なんでしょう! エロマンガみたいに!」といわれることがありますが、実はエロマンガでそこまで“乱暴”しているケースは多くなかったんですね。


ニコニコ学会 グスコーミドリさんによる「アニメ顔の心理的研究」

ニコニコ学会 90年代、2000年代はいかにもアニメ顔といった感じ。2010年代になるとややスッキリしたデザインに

ニコニコ学会 牧田翠さんによるエロマンガ分析はもはや恒例

ニコニコ学会 実は強姦作品はそこまで多くなかった

ニコニコ学会 男性向け作品ではほぼ必須の“絶頂”表現ですが、女性向け作品では“絶頂”ナシの作品も多い

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー