ニュース
» 2017年04月29日 17時30分 UPDATE

カリブ海で「一生に一度の音楽体験」をうたったフェスが開催当日に無期延期 取り残された参加者が悲惨な状況に

こんな一生に一度の体験は嫌だ。

[ねとらぼ]

 バハマにある個人所有の島で予定されていた“超ぜいたくな”音楽祭「Fyre Festival(ファイア・フェスティバル)」が、開催当日になって無期延期を発表し混乱が広がっている。

ファイア・フェスティバル

 ラッパーのジャ・ルール氏と起業家のビリー・マクファーランド氏が企画したフェスは、4月28日から30日と5月5日から7日の期間、Rae SremmurdやSkepta、G.O.O.Dといったアーティストのライブや豪華な食事を楽しみながら、高級宿泊施設に泊まるエグゼクティブな体験ができると宣伝していた。

 イベントのチケットは4000ドル(約44万円)から25万ドル(約2750万円)と高額だったが、開催を前に飛行機の遅延や荷物の紛失、提供された食事がチーズサンドイッチだったり、防災用のテントといった高級とはいいがたい現状を目の当たりにした参加者がネットに怒りとともに拡散。主催者側は開催は難しいとして、まだ島に来ていない参加者に対してフライトをキャンセルし、チケットの払い戻しに応じると発表した。

 既に島に上陸してしまった参加者については、安全にマイアミに戻れるように最優先で手配するとアナウンスしている。

ファイア・フェスティバル 公式サイトにはおわびの言葉が

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー