ニュース
» 2017年05月01日 16時30分 UPDATE

東日本大震災から6年間休業していた気仙沼市「氷の水族館」が営業再開 担当者「復興に向け、地元に貢献したい」

魚を閉じ込めた透明な氷柱などを展示。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 東日本大震災の影響で休業していた「氷の水族館」(宮城県気仙沼市)が、6年ぶりにリニューアルオープンしました。地元企業・岡本製氷冷凍工場による、氷を使ったアート作品を展示する施設。


氷の水族館 氷の中に魚が!

 氷点下を下回る館内には、魚介類を閉じこめた透明な氷柱、氷の彫刻などが展示。気仙沼産業センターによる運営のもと、岡本製氷が作品の納入を行っていましたが、2011年の東日本大震災で被害を受けてしまい、長期にわたって休業。4月29日から運営元を岡本製氷に移行し、営業再開されました。

氷の水族館 映像を使って氷のアート作品を演出する新しい仕掛けも

 岡本製氷の担当者に話を伺ったところ、気仙沼市は今なお復興の途上にあり、同社の業績も震災以前の水準まで戻っていないとのこと。しかし、新しい取り組みにチャレンジして「地元に貢献したい」という思いから、「氷の水族館」のリニューアルオープンを決定したのだそうです。

 約6年ぶりとなる営業再開に合わせて、展示方法を一新し、プロジェクションマッピング、イルミネーションなどを導入。同社の独自技術で製作した魚介類の氷柱に活用し、固定されて動かない魚の「静と動」を演出しているといいます。

 4月29日のオープン後は休日だったこともあり、客足は好調で「ゴールデンウィークも来場者が集まると思う」と担当者。「一人でも多くの人に見てもらいたい」と、装いを新たに再スタートを切った「氷の水族館」に期待しているようでした。


氷の水族館氷の水族館 現在、展示されている氷の彫刻。左は「WELCOME」という文字、右は仙沼市の観光キャラクター「ホヤぼーや」をデザイン


氷の水族館 宝船をモチーフにした彫刻も

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう