ニュース
» 2017年05月02日 17時00分 UPDATE

自宅をプリントする時代到来!? MITが建物を作れる巨大な3Dプリンタを開発

これからの家づくりは3Dプリンタにお任せ?

[エンジン,ねとらぼ]

 建物を作れる巨大な3Dプリンタシステムを米MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発しました。実際に建築している動画も公開されています。



 「Digital Construction Platform (DCP)」と呼ばれるこのシステムは、キャタピラやアームを持ち、コンクリートなどが含まれた液体の入ったタンクをけん引しながら移動することが可能です。


巨大3Dプリンタ 到底プリンタとは思えないその見た目

 動画では、アーム先端に取り付けられたノズルから液体を噴出。円を描きながら壁を作り上げていくことによって、人が何人も中に入ることのできる十分なスペースをもった建築物の作成に成功しました。


巨大3Dプリンタ 液体発射


巨大3Dプリンタ プリンタで壁が作られていく


巨大3Dプリンタ 一部屋分は余裕でありそう

 MITによれば、このシステムなら従来の建築法よりも早くかつ安価、そして安全に建物を作ることが可能であり、顧客やメーカーの要望するカスタマイズを完璧に実現できるとのこと。また、将来的には他の惑星で運用する可能性も考えられているようです。


エンジン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう