ニュース
» 2017年05月03日 21時02分 UPDATE

【厳選絶景写真16枚】 空とつながる丘、国営ひたち海浜公園のネモフィラが見ごろ

約450万本のネモフィラが咲き誇る大絶景はGWにもオススメ!

[Ryo Tajima,ねとらぼ]

 国営ひたち海浜公園(茨城県)の「みはらしの丘」を青く染め上げる花、ネモフィラが見ごろを迎えました。約450万本の青い絨毯は圧巻です!


国営ひたち海浜公園ネモフィラ 国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」

 「青の絶景」「空とつながる丘」と呼ばれるみはらしの丘は、澄んだブルーが鮮やかなネモフィラが咲き誇る場所。ここにしかない絶景を求めて、バスツアーが組まれたり海外から訪れる人も少なくありません。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ 咲き誇るネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

 ちょうど見ごろを迎えているということもあり、ゴールデンウィーク中はオープン時間が通常の9時半からも2時間も前倒しされているのですが、取材日の5月2日は朝6時半ごろから人が集まり始め、開園時間の7時半には50人以上が行列をなしました。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ こういうところで写真を撮ると思い出になりますよね

国営ひたち海浜公園ネモフィラ 8時30分ごろには人だかりになった「みはらしの丘」

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

 取材日は雲一つない晴天に恵まれ、絶好のお花見日和。丘一面に咲き乱れるネモフィラが風でそよぐと、本物の波のようにも見えます。大海原のような絶景は、まるでドラマや映画のワンシーンのようで、いつまでも見ていられそうなほどでした。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

 そんな丘の近くにある売店でオススメなのが、名物のネモフィラソフトクリーム(300円)。さわやかなブルーのソフトクリームはラムネ風味でさっぱりとした味わいが人気です。5月に入って少しずつ暖かくなってきたので、ひんやりとおいしかったです。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ国営ひたち海浜公園ネモフィラ ネモフィラソフトクリーム(左)とお土産で買ったネモフィラカレー(右)

国営ひたち海浜公園ネモフィラ ネモフィラどら焼きも買いました!

 またレストランでは茨城県産銘柄豚のローズポークを使った焼きそばやホットドッグ、ハムなどが提供されており屋台も充実している他、ショップでは真っ青な見た目が衝撃的なネモフィラカレー(480円)も販売されているので、記念に買って帰る人も多いそうです。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ かわいらしいチューリップ畑

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

 またネモフィラの他にも、そばの花や菜の花、やや見ごろは過ぎたもののまだまだキレイに咲いているチューリップの花畑も幻想的でした。観覧車などのアトラクションも充実していますので、ゴールデンウィークのレジャースポットとして、訪れてはいかがでしょうか。


国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園ネモフィラ

国営ひたち海浜公園

入園料金:大人410円 シルバー(65歳以上)210円 小中学生80円(5月5日は小中学生のみ入園無料)

休園日:毎週月曜日・12月31日・1月1日・2月の第1火曜日からその週の金曜日まで

ただし、3月26日〜5月31日・7月21日〜8月31日・10月1日〜10月31日・12月25日〜30日、1月2日〜7日は、毎日開園

アクセス:JR常磐線勝田駅から茨城交通バス15分(海浜公園西口または南口で下車)

車の場合:北関東自動車道・ひたち海浜公園I.C.から1キロ(東京から2時間程度)

Ryo Tajima

関連キーワード

取材 | 花見 | 写真 | 関東 | 観光地


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう