ニュース
» 2017年05月05日 17時40分 UPDATE

米YouTuber、子どもへの過激すぎるいたずら動画で炎上 謝罪するも児童虐待と非難殺到で親権を失う

どうしてこうなってしまったのか……。

[Kikka,ねとらぼ]

 アメリカ在住のYouTuber、マイク・マーティン氏とその妻が子どもを虐待する様子をYouTubeで公開したとして非難されています。夫妻はこれまでの動画について謝罪しています。

 5人の子どもを抱えるマイク・マーティン氏は、妻とともにYouTubeアカウント「DaddyOFive」で多くの動画を投稿してきたYouTuber。しかし彼らが投稿する動画のほとんどは、自身の子どもたちを怒鳴りつけたり、いわれのない罪で叱る、からかうという内容で、子どもたちが泣き叫ぶ様子を嘲笑していました。


マーティン夫妻の謝罪動画 マーティン夫妻の謝罪動画(YouTubeより)

 特に問題視されているのが4月12日(現地時間)に投稿された動画(削除済み)で、マイク氏と妻・ヘザー氏が末っ子のコーディーくんの寝室にインクをまき散らすというもの。何も知らないコーディーくんに対して、マイク氏とヘザー氏が下品な言葉で「お前がやったのか」などと罪をなすりつけて叱りつけ、その後現れた兄のアレックスくんに対しても「お前も一緒になってやったんだろう」と激しく責め立てました。

 夫妻の意味不明な怒りにコーディーくんとアレックスくんが泣き出したところで、ヘザー氏が笑い出し「冗談だ」と伝えますが、子ども2人はポカンとした様子でした。このほかにも夫妻が投稿した動画の中には、コーディーくんを過剰に叱りつけたうえ、突き飛ばしたり、額にケガをさせたように見えるものもありました。


マーティン夫妻の謝罪動画 動画内で突き飛ばされるコーディーくん(削除された動画より・画像は一部編集部で加工)

マーティン夫妻の謝罪動画 別の動画で号泣するコーディーくん(削除された動画より・画像は一部編集部で加工)

 ワシントンポストなどによると、マーティン夫妻のYouTubeチャンネルには76万人以上のフォロワーがいたとのことですが、子どもたちが理不尽にからかわれる様子に不快感を覚える人は少なくはなく、500万人のフォロワーを持つ有名YouTuber、フィリップ・デフランコ氏も夫妻の動画に苦言を呈しました。

 その後もDaddyOFiveには、「いたずらを超えた児童虐待だ」とする批判が相次ぎましたが、夫妻はそれに対して「過剰反応だ」と笑い飛ばしたうえ、反論動画にも子どもたちを登場させたことによりさらに炎上しました。

 結局マーティン夫妻は生活もままならなくなり、これまでの動画を削除。4月22日に「私たちの人生で最悪な週だった」と振り返る謝罪動画を投稿し、「私たちはいくつかのひどい子育ての方法を取ってしまったことに気づいた。正しいことをしたい」と語りました。

 またこの騒動の最中、5人の子どものうちコーディーくんと、エマちゃん、2人の子どもたちの生物学的母を名乗るローズ・E・ホール氏が動画にコメントを寄せたことから、2人の子どもを救済するための訴訟費用を捻出する募金ページが立ち上がりました。

 5月5日現在で7180ドル(約80万円)の募金が集まっており、4月28日にはホール氏が一時的な保護者としての権利を獲得。その後マーティン夫妻がコーディーくんと、エマちゃんの親権を失い、今後はホール氏が2人を養育していくとのことです。

(Kikka)

関連キーワード

夫婦 | 子供 | 謝罪 | YouTube | YouTuber


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー