ニュース
» 2017年05月08日 18時30分 UPDATE

米USA TODAY紙、FBIに捜査依頼 自社Facebookフォロワーの半数が偽アカウントとの疑いで

同社はフォロワーの半数が、スパムの拡散を目的とした偽アカウントと目しています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 米大手新聞USA Todayの親会社・ガネットは、同紙Facebookフォロワーの半数が偽アカウントだったとして、FBIに捜査を依頼したと同紙の記事で明かにしました。



 問題視されている偽アカウントは、スパムの拡散を目的とした業者と目されています。4月にFacebookは、該当する100万単位のアカウントを、規約違反として一斉摘発しました。対象となったアカウントにはUSA Todayのフォロワーが多数含まれており、元々約1520万あったというフォロワー数が、現在では800万台まで減少しています。

 それでもなおスパム業者は活動を続けており、ガネットは残ったフォロワーも大部分が偽アカウントで、毎日1000人ほど増え続けているとコメント。これを受けてFacebookも、4月の摘発以降も疑わしい挙動をしているアカウントを検出したと述べています。

 両社はなぜスパム業者がUSA Todayをターゲットにしているのか、まだ不明点があるとしていますが、パートナーと緊密に協力し偽アカウントの排除に努めると述べています。なお本件に関し、FBIはコメントを控えているとのことです。


USA Today USA Todayの記事


(沓澤真二)


関連キーワード

USA TODAY | Facebook | スパム | FBI | 利用規約


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう