ニュース
» 2017年05月09日 19時30分 UPDATE

生きてるみんなカラフルだ! 多様な性の祭典「東京レインボープライド2017」でパレードを歩いてみた

知らない人でもハイタッチしちゃお! 合言葉は「ハッピープライド!」

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 5月7日に多様な「性」と「生」をお祝いするイベント「東京レインボープライド2017」が代々木公園で開かれました。

 2日間で10万人以上が来場し、最終日のパレードにはおよそ5000人が渋谷・原宿の街を練り歩きました。熱気と優しさに包まれた雰囲気を写真とともにお伝えします!

画像 代々木公園の特設ゲート

 パレードに参加するには、好きなテーマや音楽からフロートと呼ばれる山車を先頭にしたグループを決めて登録します。人気のフロートは受付開始直後には定員が埋まっているという盛況ぶり! 筆者はJPOPが中心の「まい・まい・まーち」というフロートにしてみました。

画像 オフィシャルガイド。どのフロートにしようかな〜

 パレードが始まる前にも代々木公園ではさまざまなブースが出店されています。

画像 パートナーシップ証明書を発行している渋谷区のブース

画像画像 ウエディング写真を取ってもらえる企画も

画像画像 小さいサイズのメンズシューズや大きいサイズのレディースシューズの試着や注文ができるコーナー

画像 会場に華を添えるドラァグ・クイーンやGOGOボーイたち

画像画像 お腹が空いたら飲食ブースも豊富にあります

 パレードが始まる前には好きな言葉を書いたプラカードを用意している人たちも。

画像 「誰を好きでもええやん!!」「いいの!自分らしくで」「性を楽しもう」「I am ALLY(私は理解者、支援者です)」などなどすてきなプラカードがたくさんできました。

 正午になっていよいよ整列が始まります。パレード開始まであとすこし!

画像 整列場所の並木道に参加者が集結!今か今かと歩き出す時を待っています。

 出発前にみんなの伝えたいメッセージを聞いてみました。

画像 「男でも女でもなく人間として見てほしい」

画像 「LGBTであることの暴露(アウティング)は人権侵害です」

画像 恋愛対象や性的対象がない「アセクシャル」を表す旗。

画像 「LEGALIZE GAY MARRIAGE」(同性婚の法制化を)

画像 掲げられたレインボーフラグ。6色の虹は性の多様性を表すシンボルとして使われています。

 それぞれの思いをのせて、パレードがはじまります。

画像 歩き出した! 旗やプラカードを掲げて歓声をあげる参加者たち

画像 多様な性をお祝いするパレードの始まりです

画像 沿道の人たちともハイタッチ! 合言葉は「ハッピープライド!」

画像 沿道にある企業の社員たちからも暖かい声援

画像 プライドパレード用にお店をデコレーションしているところも

画像 こんなにたくさんハイタッチするの、1年でこの日だけかも!

画像 歩道橋の上からもたくさんの人が「ハッピープライド!」と声をかけています

画像 代々木公園に帰ってきました

 音楽にノリノリで踊ったり、歓声をあげてハイタッチしながら、約3キロの道を行進。代々木公園に戻ってきました。ここでも「おかえり〜」とあたたかなお出迎えが。今度は後続のフロートが戻ってくるのをお迎えします。

 ここからはたくさんの写真で最後まで歓声が止まないパレードの盛り上がりをそのままお届け!

画像 『渋谷の走る結婚式』がテーマのフロート

画像 小さなベールがすてきです

画像 保険会社の従業員から成るフロート

画像 レインボーアフロかわいい!

画像 「MAKE LOVE NOT WALLS」(壁ではなく愛を育もう)

画像 レインボーグッズたくさん

画像 いろいろな家族と参加している人も

画像 マントにもなるレインボーフラグ

画像 GOGOボーイのお兄さん! むきむき!

画像 「おかえり」ハイタッチ

画像 清掃しながら歩いている団体も。頭が下がります

 パレードのハッピーなエネルギーはそのまま代々木公園に凝縮されて、ステージが終わる18時をすぎても大いに盛り上がっていました。

画像 中島美嘉さんライブ開始前の野外ステージ前

 沿道からハイタッチした人も、声をかけてくれた人も、みんな初対面なのになぜだか温かく、不思議な高揚感と安心感のあるパレードでした。

 すでに2018年の開催も予定されている東京レインボープライド。また来年! ハッピープライド!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう