ニュース
» 2017年05月12日 07時00分 UPDATE

早朝でも確実に電話してくれそう 朝にむちゃくちゃ強い漁師が起こしてくれるモーニングコールサービス誕生

漁師の朝は早い。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 朝早くから仕事を始める漁師らが電話をかけてくれる、世界初のモーニングコールサービス「FISHERMAN CALL」が誕生しました。早い人では午前2時半に出航しており、日が昇る前でも元気な声で目を覚ましてくれそうです。

 漁業の人手不足を解消する活動を行っている団体・フィッシャーマンジャパンなどによる企画で、モーニングコールを担当しているのは宮城県石巻市の漁業関係者ら。ワカメやホヤ、カキなど獲る海産物によって起床時間は異なりますが、午前2〜5時に起床しており、6時にはもう一仕事終えてしまっている人も。

 こちらはまだ寝ぼけ眼なのに、電話の向こうはバリバリ活動しているという不思議なシチュエーションで、どんなに早朝でも起きることができそう。場合によっては通話に加え、写真を送ってくれたり、旬の海産物を直送してくれたりする可能性もあるとのこと。


画像


画像 午前6時のモーニングコールでも……


画像 漁師はすでに仕事中


画像画像 1日のスケジュール。人によって起床時間は異なりますが、午前4、5時でも元気に起こしてもらえそう(特設サイトより)

 応募期間は5月31日まで。特設サイトには漁業関係者それぞれの音声や1日のスケジュールが掲載されており、誰に起こしてもらうか選ぶことができます。フィッシャーマンジャパンによれば、同企画の狙いは漁師との接点を持つ人々を増やし、その仕事に興味を持ってもらうこと。朝が弱い人はもちろん、漁業の世界を知りたい人にも役立つのでは?

マッハ・キショ松

関連キーワード

仕事 | 宮城県


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう