ニュース
» 2017年05月12日 08時00分 UPDATE

小説執筆などに使えそう! 状況描写の方法をコンビニから核シェルターまで紹介する「場面設定類語辞典」

特に実体験できない場所を扱うときには、便利なはず。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 フィルムアートから4月末に刊行された「場面設定類語辞典」が、創作に使えそうだと話題になっています。「核シェルター」「10代の息子・娘の部屋」「病室」などの場所で登場人物が知覚するもの、ストーリー展開などをまとめたもの。


画像 フィルムアート社のWebサイトより

 「場面設定類語辞典」は、海外作家アンジェラ・アッカーマン氏らによる「類語辞典」シリーズの第4弾。「高校の廊下」「ショッピングモール」といった身近なものから、そうそう行く機会のない「北極のツンドラ」「刑務所の独房」「潜水艦」まで、さまざまなシチュエーションが紹介されています。実体験するのが難しい場所を、作中で扱う際に役立つのでは?

 その場に存在するものが感覚ごとにまとめられているほか、設定を考えるときの注意点、例文などが掲載。また、物語の展開につながる出来事の例もあり、例えば、公園の場合は「リードにつながれていない犬にかまれる」「子どもがひとりでどこかに消えてしまう」といった事柄が挙げられています。


画像 公園の項目。左ページは主に登場人物が知覚するもの、右ページでは物語の展開に関する情報が掲載(フィルムアート社のWebサイトより)

 全225場面がまとめられており、価格は3000円(税別)。小説執筆などの練習、準備に使える付録は、フィルムアート社のWebサイトから無料でダウンロードできます。


画像 場面描写の練習に使える「設定のエクササイズ」


画像 感情をかき立てる設定を考える「感情的価値の設定ツール」

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー