ニュース
» 2017年05月12日 09時00分 UPDATE

ドラゴンのウロコのような氷 南極で珍しい現象が観測される

強い風によって起きたもの。

[ねとらぼ]

 ドラゴンの皮膚のようになった氷を南極で観測したことを、タスマニア大学の海洋・南極研究所(IMAS)の研究者が報告しました。

ドラゴンのウロコのような氷

 この現象は4月はじめに始まった、砕氷船による南極のロス海への探査で見られたもの。ハリケーンのような強い風が吹くことで、海面の氷がはがれ、露出した海水が凍り……とドラゴンのウロコのようになります。

 ドラゴンのウロコのような氷は非常に珍しく、2007年以来、南極で見られていなかったとIMASのガイ・ウィリアムズ博士。同博士は8カ国の研究者から成る調査チームに参加しており、沿岸の氷湖(氷に囲まれた海水面)の冬の様子を調査しています。この海域は、南極から吹く強い風によって、平均の10倍の量の氷ができる「氷の工場」とのこと。調査チームは風の穏やかな時期を利用して観測を行うとしています。

砕氷船

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!