ニュース
» 2017年05月12日 12時44分 UPDATE

幻のスーファミ用ソフト「改造町人シュビビンマン零」がまさかの復刻 ROMカセットで6月下旬発売

スーパーファミコン用周辺機器「サテラビュー」だけでプレイできた幻のタイトル。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スーパーファミコン向けに開発されるも、市販されなかった幻のゲーム「改造町人シュビビンマン零」が復活決定。スーパーファミコンや互換機で稼働するROMカセットとして発売されます。


シュビビンマン
シュビビンマン パッケージの感じが懐かしい

 メサイヤからPCエンジン向けに3作が発売されていたシリーズ。4作目の「零」は完成しながらも市販には至らず、1997年に当時任天堂が手がけていたデータ放送サービス「スーパーファミコンアワー」(※)配信タイトルとして提供されました。

※1995年から2000年まで提供されていた、BSアナログ放送を利用したサービス。スーパーファミコン用周辺機器「サテラビュー」で、ゲームや追加コンテンツを無料で受信して遊ぶことができた


BSゼルダ BSの番組とリアルタイムで連動する「ゼルダの伝説」なども配信されていました(任天堂「歴代『ゼルダの伝説』紹介」より)

 内容は主人公の「らいた」と「あずき」が、世界征服をもくろむ「BB団」と戦う横スクロールアクション。2人同時プレイも可能で、連携して協力技を放つこともできます。


シュビビンマンシュビビンマン
シュビビンマンシュビビンマン

 現在メサイヤブランドを保有するエクストリームからライセンスを受け、コロンバスサークルが発売。6月下旬、税別6480円での販売を予定しています。


(C)extreme

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう