ニュース
» 2017年05月18日 00時00分 UPDATE

愛と情熱を持った変態に好きにやらせた結果がこれだよ! 「1/12 マジックミラー号」で遊んできた

1/12になった「マジックミラー号」の魅力に迫ってきたよ!

[haruYasy.,ねとらぼ]

 良い子(成人)のみんなに愛されて20年。節目を迎えた今もファンから根強い人気を得ている働く車「マジックミラー号」が1/12スケールで立体化。ネイティブより9月に発売決定しました。

 発売に向けていよいよという某日、ネイティブの中の人から「あのさぁ……1/12 MM号の現物あるんだけど、遊びにこない?」と誘われ、ホイホイとカメラ片手におでかけしてきましたので、製品の魅力に迫ってみます。

1/12 MM号 1996年に第1弾が発売され、伝説の存在となった「マジックミラー号」がそこに!
1/12 MM号 でかい(ふかい意味はありません)

 2月に開催されたホビーイベント「ワンダーフェスティバル」で発表され注目を集めた(関連記事)「1/12 MM号」は、代名詞であるマジックミラーの他、窓となるコンテナ壁の開閉ギミック、内部の空模様の壁紙など、原作(?)であるマジックミラー号の仕様を再現。同じスケールのフィギュアを並べてみると、その迫力満点の大きさがよく伝わるでしょう。

1/12 MM号 通りすがりの全裸男くん

 開閉ギミックのついたコンテナ壁で隠されたマジックミラーを露出させると、明るい場所では内部はほとんど見えず。中で何が行われているのか……いやー、分からないなー。

1/12 MM号 完全に中が見えない
1/12 MM号 通りすがりの全裸男くん「おっ、MM号やんけ! のぞいたろ!」

 このままでも十分にマジックミラー号として楽しめますが、内部の天井には電灯(電源は単三電池4本)が搭載されており、屋根の上にあるスイッチをオンにすると……内部が明るくなってMM号の中の様子が見えるように!

 見えちゃいけないものが見えてしまう。本物のマジックミラー号ではあってはいけない事故ですが、それが楽しめるのも魅力です。

1/12 MM号 電灯をオンにしたらこれくらいの透け感

 MM号はマジックミラーの外側と内側の明暗差で可視・不可視が変わるという特性を利用しており、これを再現するために屋根に電灯が設置されているわけですが、「電灯をつけるときのチカチカッとする感じを再現するために、専用のプログラムを組んで実装した」という斜め上をいくこだわりを語っていた中の人の笑顔が忘れられません。

無駄に洗練された超リアル電灯プログラム

 電灯をオンにした状態で室内を暗くすると、よりはっきりと内部の様子が見えます。もはや隠す気はありません。見て、もっと見て!

1/12 MM号 周囲が暗いとマジックミラーは仕事しません
1/12 MM号 屋根と背景は一体型、取り外し可能
1/12 MM号 取り外した状態がこちら

 普段は外側しか見る機会のないマジックミラー号ですが、背景のついた側面(マジックミラーの反対側)は屋根と一体になっており、取り外すと内側からの視点が楽しめるようになっています。

 本来ならシャワー室として利用されているスペースもしっかりと確保されていますが、こちらは「シャワー室を自作したり、フィギュアを使って遊んでもらうときに活用していただいたり、ユーザー側の遊びの部分として楽しんでもられれば」と語っていました。

 というわけで遊んでみました。

1/12 MM号 ナンパにホイホイついてきてしまった現役◯◯◯美少女Aに魔の手が迫る!
1/12 MM号 友人が気になってじっくりとのぞき込んでしまう現役◯◯◯美少女B
1/12 MM号 そして巻き込まれてしまう現役◯◯◯美少女B

 「1/12 MM号」はコストを抑え、拡張性をもたせた設計で開発したそうです。自分だけの「マジックミラー号」企画を妄想して、それをフィギュアで再現するというのはとても楽しく、あのキャラやこのキャラでうへへっと夢が広がりますね。

 「1/12 マジックミラー号」は2017年9月に発売。5月23日から予約受付がスタートし、締め切りは6月23日。価格は1万8800円(税込)となっています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー