ニュース
» 2017年05月18日 23時38分 UPDATE

ぴあ、Bリーグ不正アクセス問題 新たにカード情報6500件の流出可能性を発表 計4万件弱に

5月8日時点で、不正使用が判明しているのは379件(被害額約880万円)。

[ねとらぼ]

 ぴあは5月18日、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のチケットサイトおよびファンクラブ受付サイトで不正アクセスが確認された件について、流出した可能性のあるクレジットカード情報が新たに約6500件あることを発表しました。公表済みのものと合わせて、流出の恐れがあるのは計3万8695件になります。

ぴあ Bリーグ 流出 ぴあのリリース

 4月25日、ぴあは2016年5月16日から2017年3月15日までB.LEAGUEに会員登録した人のうち、15万4599件の個人情報が流出した可能性があると発表(関連記事)。その時点で、クレジットカードの不正利用についての被害は、4月21日までに判明しているものだけで197件(被害額約630万円)あると報告していました。

 今回のクレジットカード情報についての追加分は、第三者専門調査機関から調査結果の最終報告書に関する修正を受けて分かったもの。不正使用の件数と金額も集計を進めた結果、5月8日時点で379件(被害額約880万円)あると発表しています。被害額はクレジットカード各社を通じて全額をぴあが負担するとしています。

 ぴあでは4月25日より対象者へ連絡を開始し、個別にお詫びと対応のお願いを進めているとのこと。4月28日付で同社の取締役コーポレート統括・CCOを委員長とする再発防止委員会をつくり、経緯と背景、本質的な原因などをあらためて精査しているとしています。またB.LEAGUE関連サイトにおけるクレジットカード決済サービスは、今シーズン中の復旧は困難な状況だと報告しています。

ぴあ Bリーグ 流出 Bリーグ公式サイトでも今回の発表を掲出した

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー