ニュース
» 2017年05月19日 13時09分 UPDATE

「聖闘士星矢」実写化決定! これは、かつてないコスモを感じる……

期待してもいいんだよね!?

[のとほのか,ねとらぼ]

 車田正美さんの漫画「聖闘士星矢」の実写映画化が、現在フランスで開催中のカンヌ国際映画祭で発表されました。

「聖闘士星矢30周年記念展」 2016年には連載30周年を記念した「聖闘士星矢30周年記念展」が開催(関連記事

 ScreenDailyなどの報道によると、製作は東映アニメーションと、東映配給の映画「続・深夜食堂」など東映関連作品の中国配給を手掛ける香港拠点のA Really Good Film Company(ARGF)が共同で手掛けます。中華圏での流通を視野に入れているとみられ、いわゆるハリウッド映画というわけではないようです。

 監督は、ショートアニメ「Katedra」(2002年)で米アカデミー賞にノミネートされたこともあるポーランドのトメック・バギンスキーで、プロデューサーには東映アニメーションの池澤良幸氏、製作総指揮には同社会長の森下孝三氏らの名が確認できます。ねとらぼ編集部で東映アニメーションに確認したところ、事実だとしました。

以前展示された等身大立像 2016年に行われた「聖闘士星矢30周年記念展」で等身大立像も展示(関連記事

 「聖闘士星矢」は、ギリシア神話をテーマに“聖闘士(セイント)”と呼ばれる戦士たちが、“聖衣(クロス)”と呼ばれる防具を身にまとい、女神アテナを守るため戦うファンタジーバトル漫画。1985年から90年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、1986年にはテレビアニメ化。その後アニメ映画やOVAも製作されたほか、世界各国でも「Knights Of The Zodiac」などの名称で知られています。

 具体的な公開時期などについては明かされていません。

関連キーワード

聖闘士星矢 | 実写 | アニメ | 映画 | 漫画 | 海外


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう