ニュース
» 2017年05月20日 17時45分 UPDATE

優れたアニメコラボを表彰する「アニものづくりアワード」 総合グランプリは「サントリー天然水×君の名は。」

「浮世絵木版画 初音ミク」「北斗の拳キャラになれるアプリ」「美少女AIに罵倒されるサービス」なども。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 アニメやキャラクターを活用したコラボレーションを表彰する「第1回アニものづくりアワード」の総合グランプリに、サントリー天然水と映画「君の名は。」がコラボした「この夏、きっと逢える。」キャンペーンが選出されました。

 アニメやマンガ、キャラクターなどを活用した優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰する同アワード。のべ120作品の応募から、全16作が選出されています。

「第1回アニものづくりアワード」総合グランプリは「この夏、きっと逢える。」キャンペーン 総合グランプリ&アニメーションCM部門金賞に輝いた「この夏、きっと逢える。」キャンペーン

 総合グランプリに輝いたサントリーコミュニケーションズの「この夏、きっと逢える。」キャンペーンは、映画の監督、新海誠さんのディレクションによるオリジナルアニメ映像を使用し、映画に先がけて公開されたCM群。「映画公開前の早い段階からコラボの取り組みを決めた企業の先見性もすばらしい」など高く評価され、「アニメーションCM部門」でも金賞を受賞しています。

 同じくアニメーションCM部門では、「ツルモク独身寮」などで知られる漫画家でアーティストの窪之内英策さんによる3分間の手書き鉛筆アニメーションを採用した「サヨとコウの出発」(乗り換え案内サービス「駅すぱあと」CM)が銀賞を受賞。銅賞には、スタジオジブリとタイアップしたハウス食品のロングランCM「おうちで食べよう。」シリーズが選ばれています。

「第1回アニものづくりアワード」アニメーションCM部門・銀賞「サヨとコウの出発」 窪之内英策さんによる3分間の鉛筆アニメCM「サヨとコウの出発」
「第1回アニものづくりアワード」アニメーションCM部門・銅賞「おうちで食べよう。」シリーズ ノスタルジーを呼び起こすハウス食品のCM「おうちで食べよう。」

 また、「コンテンツコラボ部門」金賞は、オリジナルの北斗の拳キャラクターを作れるアプリ「北斗の宴 by The MALT'S」。パッケージやグッズなどのコラボ商品を表彰する「クラフトデザイン部門」では、伝統工芸職人の手作業で作られた「浮世絵木版画 初音ミク 歌姫東海道 初音未来」が金賞に選出されました。その他、映画「この世界の片隅に」と広島県呉市三条・中元本店がコラボした「すずさんらむね」、ののしられながらAIと交流する対話型Webサービス「罵倒少女:素子」、富山県の高岡銅器職人とコラボした「天元突破グレンラガン五月人形兜飾り」、謎の外国人たちが人気男性声優の声でささやく日清カップヌードルのWebサイト「ドSニック・パラダイス」などが受賞しています。

「第1回アニものづくりアワード」コンテンツコラボ部門・金賞「北斗の宴 by The MALT'S」 誰でもヒャッハーできる「北斗の宴 by The MALT'S」
「第1回アニものづくりアワード」クラフトデザイン部門・金賞「浮世絵木版画 初音ミク 歌姫東海道 初音未来」 伝統職人がコラボした「浮世絵木版画 初音ミク 歌姫東海道 初音未来」


 選考委員長の夏野剛さんは「ノミネートされた作品は、粒ぞろいの優秀作ばかりでした。単にアニメを使ってCMやプロモーションを行うだけではなく、一緒になることで新しい付加価値を創出している作品が多く、審査は難航しました」とコメント。「第2回に向け、どんな新コラボや新キャラクターが生まれてくるのか、非常に楽しみです」と次回への期待を語っています。

「第1回アニものづくりアワード」が発表

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー