ニュース
» 2017年05月21日 11時00分 UPDATE

凹みで表現したアインシュタインがなぜか出っ張っているように見える不思議な動画 「ホロウマスク錯視」を利用

板の裏表に凹面、凸面で表現 → 両方とも凸面に見える。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 凹凸で描かれたアインシュタインの顔を使った錯視動画が、YouTube上に公開されています。板の表裏がそれぞれ凸面、凹面になっているのですが、両方とも凸面にしか見えません。

 板の片側には凸面で表現されたアインシュタイン、反側には凹面のアインシュタインが。動画冒頭では凸面が写っているように見えますが、板が回り始めると、実は凹面だったことが分かります。

 180度回転すると本物の凸面が登場し、これは正しく知覚することができます。ですが、再び凹面が現れると、やはり凸面に見えてしまいます。これは「ホロウマスク錯視」として知られている錯視の一種のため、本当の形状が分かっていても、奇妙な見え方になってしまいます。


ホロウマスク錯視 凸面にアインシュタインが描かれているように見えませんか?


ホロウマスク錯視 反時計回りに回転させていくと……


ホロウマスク錯視 裏側から本物の凸面が。錯覚していたことが分かります


ホロウマスク錯視 さらに回転させると……


ホロウマスク錯視 再び凹面が見えてきました


ホロウマスク錯視 最初と同じ状態に戻りました。でも、やっぱり凸面に見えてしまう不思議

 この動画を投稿したのは、科学教育などの活動を行うロンドンの組織「The Royal Institution」。別の動画では、親子で一緒に「ホロウマスク錯視」が起こるお面を作る方法を紹介しています。それは、風船を使って半球状に固めた紙を用意し、その内側(凹面)に絵を描くというもの。人間の脳って、こんな簡単にだませるのか……。


ホロウマスク錯視のお面の作り方 風船に紙を貼り付けて……


ホロウマスク錯視のお面の作り方 風船を抜いてから半分に


ホロウマスク錯視のお面の作り方 風船と接触していた凹面に、絵を描いたら完成。ね、簡単でしょう?

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう