ニュース
» 2017年05月23日 18時40分 UPDATE

キングジム、扉の向こう側に人がいることを知らせるセンサー付きライトを発売 突然の開放による衝突を防止

人感センサーで感知し、事前に光でお知らせ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ドアを急に押し開くと、その先にいる人にぶつかる恐れがあり危険です。こうした事故を防止できるセンサー付きライト「扉につけるお知らせライト」を、キングジムが発表。人感センサーで扉の向こうにいる人を感知し、事前に光で知らせます。


お知らせライト ドアが開く可能性を事前にお知らせ

 ライトのパネルには警告文が描かれており、2個1組をドアノブ付近へ挟み込むように、磁石で貼り付けて使います。片方のセンサーが人を感知すると、もう一方のパネルが約2秒間点滅。警告で扉にぶつかる事故を未然に防ぎます。


設置 2つのライトをドアにはさむよう設置

検知範囲 水平約120度、垂直約110度の範囲内にいる人を感知

 対応するのは、両面に磁石がつく開き扉、厚みが50ミリ以下の扉、閉めた状態で扉とドア枠に2ミリを超える隙間がある扉。オフィスや商業施設にある鉄扉への使用を想定しています。パネルは無地を含む3種類が用意されており、利用シーンに合わせたデザインを選択可能。


デザイン パネルは3種類から選択可能。無地のものには油性ペンで自由に書き込めます

 価格は8000円(税別)で、6月16日発売。一般家屋向けの製品ではありませんが、もしショッピングモールなどに普及したら安心できそうです。


(沓澤真二)


関連キーワード

人感センサー | キングジム | IoT


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう