ニュース
» 2017年05月25日 12時53分 UPDATE

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開

薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 薬物所持で3回にわたり逮捕され、刑務所で計7年間過ごした元タレントの田代まさしさん。その現在の生活を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症 田代さんの一日」を、NHKが公開しました


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 ひげが真っ白になっている田代さん

 動画は「こんにちは、薬物依存症者の田代まさしです」と自己紹介するところからスタート。田代さんは現在、薬物依存リハビリ施設・ダルクの寮で暮らし、「薬で人生がどうにもならなくなった仲間たち」との共同生活を送っているそうです。

 回復プログラムとして1日3回行われているミーティングでは、覚せい剤に手を出すきっかけになったタレント時代の苦悩を告白。その内容に対して、仲間たちは何も批判せず、静かに耳を傾けています。このような周囲とのつながりによって、自分にも居場所があるのだと感じられるようになるとのこと。ミーティングの終わりには、みんなで起立して手をつなぎ「神様、私たちにお与えください……」と声を合わせます。全員が祈りの言葉を暗唱していました。


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 動画は360度見ることができ、室内にはダルクの旗が


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 寮での様子。料理をしているようです


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 カレーができたら、みんなで食事


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 ミーティング風景


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 ミーティングの終わりには、祈りの言葉を暗唱

 動画終盤には、薬物依存症の自身が置かれている立場について語るシーンが収録されています。覚せい剤のせいで、頑張って手に入れた家や自動車を手放すことになり、離婚して家庭も失ったと田代さん。「(もしダルクを出て)普通の社会に戻ったら」、世間には冷たい目で見られ、仕事もないという厳しい状況が待っているとし、そこから再び薬物を使用するようになる悪循環に陥るだろう、と考えているようです。


A Day of 薬物依存症 田代さんの一日 薬物依存症で陥った、自身の状況について語る田代さん

マッハ・キショ松

関連キーワード

NHK | 田代まさし | VR


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう