ニュース
» 2017年05月25日 22時50分 UPDATE

「スパイダーマン:ホームカミング」海外版ポスターがダサすぎてクソコラ祭りに発展 一方国内版は好評なもよう

よくもわるくも話題に。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 今夏公開を控えている「スパイダーマン:ホームカミング」の海外版新作ポスターがダサすぎるとして、海外ファンの間でブーイングを通り越して、愛憎の入り交じったコラージュ画像祭りへと発展しています。

 「スパイダーマン:ホームカミング」海外版の新ポスターがダサすぎてコラ祭りに発展 話題のポスター(公式Webサイトより)

 ポスターは5月24日に2種類が公開。片方はキャラクターのスタイリッシュさが際立つデザインでしたが、問題のポスターでは登場人物らがシリアスな面持ちで整列。絶妙にわざとらしい構図がファンのネタ心を刺激し、瞬く間に話題の中心となりました。

 「スパイダーマン:ホームカミング」海外版の新ポスターがダサすぎてクソコラ祭りの餌食に 日本でも使用されているもうひとつのポスター。スタイリッシュさが好評

 新作の設定ではスパイダーマン(トム・ホランド)はヒーローとしてまだまだ未熟。アベンジャーズのリーダーであり、ベテランの風格漂うアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)の保護者的な役どころも見どころの一つとなっています。しかし、ポスターはそうした二人の関係性を強調しすぎと見なされたのか、Twitterではアイアンマンをポスター上で大量増殖されたコラ画像なども登場。


 このほかに「スパイダーマン」の過去映画シリーズで主演を務めたトビー・マグワイアさんや、バードマン、デッドプール、ドナルド・トランプさんなど、作品内容に一切無関係な人物をポスターに組み込んだものが複数作られています。


 これまで公開されたポスターは比較的シンプルなデザインが多かっただけに、その落差からファンが過剰に反応している側面もあるのかも。また、それだけの人気シリーズで、本編への期待の裏返しであるともいえるかもしれません。「スパイダーマン:ホームカミング」はアメリカでは7月7日に、日本では8月11日に公開予定です。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう