ニュース
» 2017年05月28日 08時00分 UPDATE

豊橋・のんほいパークのサーバルキャットの名前はステルちゃん アフリカの言葉で「星」という意味

アフリカから来たフレンズなんだね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 南アフリカの動物園から豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市、愛称:のんほいパーク)にやってきたサーバルキャットの名前が決定しました。

のんほいパーク・サーバルキャット のんほいパーク サーバルキャットのステル

 このサーバルキャットは2016年11月13日生まれのメス。3月21日に来園し、4月18日からアフリカ園内の夜行性動物館で公開されています。

 名前は5つの候補から来園者の投票で選ぶ方式で、最も多く票を集めた「ステル」(アフリカーンス語で「星」の意味)に決まりました。

 同園ではサーバルキャットの他にフェネックも公開していることから、アニメ「けものフレンズ」ファンの間で人気となり、4月の来園者数は前年より約1万人も増加したとのこと。

 園内の展望塔レストランでは、サーバルキャットをイメージした「サーバルパフェ」も販売しています。

のんほいパーク・サーバルキャット 「サーバルパフェ」大きなお耳がかわいいです

 今回の名前募集に関して、けものフレンズのコンセプトデザインを手掛けた吉崎観音さんもオリジナルイラスト入りでツイート。アニメキャラのサーバルちゃんがサーバルキャットの子どもを抱っこしたイラストは、のんほいパークの各門(中央門、東門、西門)と夜行性動物館の入口に特大ポスターで展示されています。

のんほいパーク・サーバルキャット ちびっ子のフレンズたちが記念撮影しています

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう