ニュース
» 2017年05月29日 15時20分 UPDATE

千葉ロッテマリーンズ、新マスコットは進化した深海魚? うつろな表情とスリムな足にプロ野球ファン騒然

パプワくんにこんなのいた。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 5月28日のプロ野球・千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ戦に、異様なマスコットキャラクターが登場しました。アンコウのような魚が、スラッとした足でZOZOマリンスタジアムを疾走。なんだか夢に出てきそう……。


ロッテ新マスコット 躍動感すごい(パ・リーグTV公式Twitterより)

 2月に卒業したCOOLに代わる、マリーンズの新たなマスコット。詳細は全くの謎で名前すら明かされておらず、球団公式Twitterですらただ「魚」と記されています。また、パ・リーグTVによると、球場のスクリーンへ足のないCGの姿でも登場。観戦に訪れたカップルを皮肉交じりにいじる、「シーマン」を思わせる会話をしていました。キャラが強い。


試合終了後 何を考えているか分からない目、ぽっかり空いた口、下から伸びる足……いったい何を目指したキャラなんだ……(千葉ロッテマリーンズ公式Twitterより)

 謎すぎる新マスコットに、プロ野球ファンの反応は「きもい」「かわいい」と意見が割れているもよう。漫画「南国少年パプワくん」のキャラクター、タンノ君を連想する人も多いようです。そしてプロ野球は5月30日からセ・パ交流戦に突入。つば九郎やドアラなど、クセの強いセ・リーグ球団マスコットとからむ可能性を想像すると、ちょっとワクワクします。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう