ニュース
» 2017年06月02日 18時15分 UPDATE

え、これ実写使ってないんですか!? 電車が進入する駅ホームのアニメーションが信じられないほどリアル

すべて絵で、3DCGも不使用。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 電車が進入する駅ホームを、リアルに描いたアニメーションが話題になっています。背景がうますぎて、実写にしか見えない……!


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション ぱっと見、実写映像に女子高生を描き加えたアニメーションのよう。本当はすべて絵です

 ajisaさん(@AjisaAsai)が、スマホの動く壁紙用に制作したという約30秒間のアニメーション。駅のホームに電車が到着する様子が、実写映像と勘違いしてしまいそうなほどに緻密に描かれています。しかし、実際にはすべて絵でできており、3DCGも使用されていないとのこと。す、すげえええええ!!

 信じがたいほどのリアルさですが、背景のメイキング画像を見れば、絵であることが一目瞭然。最初は線画だった駅構内に色が乗り、影やコンクリートの汚れなどの細部が追加され、次第に実写らしくなっていく過程が分かります。また、動きに合わせて窓への映り込みが変化する電車は、各パーツを細かく分けたレイヤー、光の反射を表現した「反射レイヤー」を組み合わせて表現しているそうです。


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション 背景のメイキング画像。この時点ではまだ線画


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション このあたりから、実写っぽくなっていきます


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション


リアル過ぎる駅ホームのアニメーションリアル過ぎる駅ホームのアニメーション 女子高生の影を描き加えた写真のような仕上がりに

 ちなみに、このアニメーションの制作期間は2週間。1日10時間ほど作業しつづけ、140〜150時間ほどを費やし完成に至ったとのこと。投稿者は、力を入れすぎて「自分とパソコンの寿命縮まりました(笑)」とコメントしています。まさに「力作」という言葉がふさわしい作品だったようです。

画像提供:ajisaさん(@AjisaAsai

マッハ・キショ松

関連キーワード

アニメ | 女子学生 | 電車 | 高画質


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー