ニュース
» 2017年06月03日 18時13分 UPDATE

“顔のない魚” オーストラリアの深海で発見

のっぺりした顔の魚が、100年以上を経て再発見されました。

[ねとらぼ]

 オーストラリアの深海で、“顔のない魚”が発見されました。

顔のない魚「Typhlonus nasus」(画像:CSIRO

 見つけたのは、同国ニューサウスウェールズ州東部の深海で調査を行っていたオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)などの研究チーム。4000メートルの深海から採集しました。

 大きさは40センチほど。本来顔のある部分はのっぺりとして目や口がないように見えます。口は頭の下にあり、目はないわけではなく、比較的小さな標本では皮膚の下に目が見られるとのこと。しかし目はほとんど役に立っているように見えず、研究者らはこの魚を「Faceless Cusk」と呼んでいるそうです。

顔のない魚を手にする専門家(画像:CSIRO

 変わった見た目ですが、新種というわけではありません。アシロの仲間で「Typhlonus nasus」という学名がついています(ギリシャ語のtyphlos(目が見えない)、onos(メルルーサ)、nasus(大きな鼻)に由来)。過去には、1870年代の海洋探査において珊瑚海で発見されており、100年以上を経ての再発見となります。

Typhlonus nasus(画像:CSIRO

 深海探査では他にもさまざまな標本を採取しており、その中には新種の生き物もいるかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう