ニュース
» 2017年06月12日 18時21分 UPDATE

「ホワイトベースの塩不足問題」でおなじみタムラコック長風ランチがガンダムスクエアに登場 盛り付けが塩少なめ

意味が分からない人はファーストガンダム第16話「セイラ出撃」を見よう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大阪府のガンダムオフィシャルカフェ「GUNDAM SQUARE(ガンダムスクエア)」に、6月13日から新メニュー「タムラコック長の気まぐれパイロットランチ」が登場します(税別1000円)。ファーストガンダム第16話「セイラ出撃」で描かれた「ホワイトベースの塩不足問題」をイメージし、一部の盛り付けに“塩が足りない”演出をするとのこと。モチーフが渋いっ。


タムラ 避難民を含む全搭乗員の食事を切り盛りした名脇役、タムラコック長が主役!

 第16話はセイラ・マスがわけあって独断専行で出撃し、窮地に陥る回。しかし戦闘が発生した原因は、ホワイトベースが以前の戦闘でコンテナに被弾し、塩を失ったことにありました。タムラの「塩がないと戦力に影響するぞ」という切実な訴えを受けて艦は塩湖を求めタクラマカン砂漠を移動し、結果的にジオンのランバ・ラル隊に発見されることに。メインストーリーの背景で戦時下における食糧の問題を描く、傑出したエピソードでした。


塩が…… 探し求めた塩湖が、環境の変化がもとで消滅していたことに落胆するタムラ。湖はかつて「さまよえる湖」と呼ばれたロプノール湖で、最終的には別の位置で発見された

 同メニューは作中の一年戦争当時をイメージし、塩不足を演出するだけでなく、内容を「戦況によりその日の食材調達状況によって変更」するとのこと。「塩気が足りない」となると味に不安を覚えるところですが、追加用の塩が別途提供されるので好みの塩加減でいただけます。

 注文するとスタッフが、「ブライト艦長の命令で、お客様の分は正規パイロットと同じ量にさせていただきましたよ」「もし塩気が足りないときはブライト艦長に連絡し、すぐに補給にまいります!」など、ガンダムの世界観をもとにしたセリフで提供。食べるほうも「塩とらないと死んじゃうんでしょ?」(第16話のフラウ・ボゥのセリフ)などと言いながら楽しめそうです。


店舗イメージ 店内イメージ

(C)創通・サンライズ

(沓澤真二)


関連キーワード

ガンダム | ランチ | カフェ | 食事 | 戦争


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう