ニュース
» 2017年06月13日 17時04分 UPDATE

バンダイナムコ、「VR ZONE SHINJUKU」を7月14日新宿・歌舞伎町にオープン

VRなど最新技術を用いた16種類ものアクティビティを用意。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バンダイナムコエンターテインメントが、VRなど最先端技術を活用したエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」を、東京の新宿歌舞伎町で7月14日にオープンします。


外観 クリエイティブカンパニーNAKEDの協力により、外壁にはプロジェクションマッピングでパックマンが登場

センターツリー 施設の中心に立つセンターツリーにもプロジェクションマッピングが

施設内 施設内のイメージ。センターツリーを軸に、時間や季節によって映像が変化する演出が


 3月に発表されていた計画が正式にスタート(関連記事)。エヴァを操縦できる「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」や、悟空になりきってかめはめ波が撃てる「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」など、全16種類のアクティビティが用意されています。


エヴァDBマリカ 「マリオカート」のVR版も!

 釣りやサバイバルといった、キャラクターもの以外のコンテンツも多数。ナムコが1996年に販売した人力飛行機体感ゲーム「プロップサイクル」を源流とする「極限度胸試し ハネチャリ」にも注目です。


ハネチャリ釣りVR恐竜サバイバル 人力飛行機で急降下するとか、絶対ヒュンッてなる

 8月からは「攻殻機動隊」がモチーフの「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」が稼働。20×12メートルの専用アリーナで、4対4のチームバトルに挑戦できます。


攻殻 キャッチコピーは「音が見える 姿が消える」。光学迷彩も体験できそう

 入場料は大人800円、子ども(6〜12歳)500円、5歳以下無料。入場料と4種のVRアクティビティチケットのセットは4400円です。利用は予約制で、6月16日正午から受付がスタートします。

 同社はVRアクティビティが体験できる店舗「VR ZONE Portal」の全国展開も予定。海外進出も計画しており、国内外で20店舗以上を展開していくとのことです。

VR ZONE SHINJUKU概要

・所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(JR新宿駅東口 徒歩7分/西武新宿駅 徒歩2分)
・入場料:大人800円 子ども(6〜12歳)500円 5歳以下無料(入場料に4種のVRアクティビティチケットが付いた、4400円のチケットセットあり)
・営業時間:10〜22時(最終入場時間21時、年中無休)
(C)カラー
(C)Nintendo Licensed by Nintendo
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう