ニュース
» 2017年06月15日 15時45分 UPDATE

遊び相手は腹筋の割れた「ボッ」なネコさん……!? 「猫と遊ぶのは疲れる」ことを説明した漫画が伝わりすぎる

ネコさんVSヒトーの戦い(遊び)。

[宮原れい,ねとらぼ]

 本気で「猫と遊ぶ」とはどういうことか。Twitterユーザーのあまおう(@co9ts)さんが投稿した、愛猫との遊び風景をイメージ化した漫画が話題になっています。これが実際のネコ……なのか……?


猫 遊ぶ 疲れる 漫画 ゴンさん 本気 成猫でオスの猫ちゃんと“遊ぶ”の正しいイメージとは?

 「ほ〜れほれ」と猫じゃらしを軽くパタパタさせ、ほのぼのとした時間が流れる中でほほ笑みを浮かべながら愛でる――そんな猫と遊ぶイメージに対し「実際こんな生ぬるいもんじゃない」と説明するあまおうさんは、まず成猫でオスの“こやつ(愛猫)”の遊び相手としての姿を正しくイメージ。

 しなやかかつ強靱な肉体を持ち、人間をはるかにしのぐ運動神経を備えた成猫男性して描かれた愛猫の姿は、まさに「ネコさん」とさん付けしたくなるような2足歩行の細マッチョ(!)。「ボッ」という変身効果音がめっちゃ強そう……。


猫 遊ぶ 疲れる 漫画 ゴンさん 本気 かわいい見た目の猫ちゃんも、中身は超パワーの持ち主・ネコさんだった……!

 そして実際には、そんなヒトと比較して超パワーを持つネコさんと遊ぶことになります。動く猫じゃらしに駿足で追い付き、宙を飛びつつ壁を蹴っては、ありったけの力で向かってくるネコさん。

 これにはさすがの飼い主も余裕の消えた本気の表情で、汗だくになりながらの必死な「ほれほれ〜!」に。こんなの絶対疲れるに決まってる……!


猫 遊ぶ 疲れる 漫画 ゴンさん 本気 やばい

猫 遊ぶ 疲れる 漫画 ゴンさん 本気 これは間違いなくスポーツ以上の何か

 あまおうさんは、猫との遊びが大変だという事情を、一度も動物を飼ったことがない知人に伝わらなかったことから同漫画を制作。見た目がかわいい猫ちゃんでも、毛が長いビーストとして目覚めた“猫と遊ぶ”ことがどれだけ体力を使うか、わかりやすく描いています。

 Twitterでは「ほんとにこんな感じ」とこれに多くの共感する声が寄せられ、「多頭飼いになると押し寄せてくるんだぜ」「そして途中で止めると怒るんだ!」といった声も。また猫以外を飼う人からも同様に、精神的には楽しくても体力的に「疲れる」としたコメントが上がっています。



画像提供:あまおうさん

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー