ニュース
» 2017年06月16日 14時49分 UPDATE

メルカリ、利用規約違反に対する対策強化を発表 アカウントの不正作成で逮捕者

アカウントの大量作成、販売による全国初の逮捕者が現れていました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 フリマアプリ「メルカリ」で、利用規約に違反したアカウントの不正作成などに対する対策強化が行われたことが発表されました。

 同アプリでは6月6日までに、私電磁的記録不正作出・同供用罪(事務処理を誤らせる目的で、電磁的記録を不正に作るなど)の疑いで4人が逮捕されています。


メルカリ、アカウントの不正作成などで対応強化 アカウント不正作成などに対する対策強化を発表(Webサイトより)

 「メルカリ」ではサービスの不正利用、トラブルなどを防止する目的から、1人で複数のアカウントを登録することや、売買、譲渡などの方法でアカウントを処分することが利用規約で禁止されています。逮捕者はこれに違反して、大量に作成したアカウントを販売しており、同サービスは警察に対して情報照会などの捜査協力を行っていたそうです。なお、このような理由から逮捕に至った事案は全国初。

 発表によると、今後はさらなるシステム、監視の強化を通じて、不正なアカウントの検知、悪質な利用者の排除などを進めるとのこと。また、出品ツールによる無在庫転売(ソフトウェアを使って、手元にない商品を自動出品する)についても対策を強化したとしています。


メルカリ、アカウントの不正作成などで対応強化 「メルカリ」Webサイトより

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー