ニュース
» 2017年06月16日 18時45分 UPDATE

生まれつき両腕がない「足で演奏するホルン奏者」がすごい 美しい音色に絶賛の声

感動した。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 生まれつき両腕がないホルン奏者のYouTube動画が話題となっています。名前はフェリックス・クリーザーさん。器具にホルンを固定し、足の指でバルブを操作して演奏しています。その演奏術がすごいだけではなく、ホルンの腕前も世界レベル。美しい音色に絶賛の声があがっています。

 動画には、足でホルンを乗せる器具を組み立てる様子も。足の指で器具をつかんだり、ネジを締めたりしてスムーズに組み上げていきます。

器具を組み立てているところ 器用に組み立てています

 足の指でホルンをつかんで器具にセットします。軽々とやっています。

ホルンを器具にセット 簡単にセットが完了しました

 左足の指でバルブを操作して演奏します。通常、手の人差し指、中指、薬指を使って演奏するところを、足の親指〜薬指で演奏しています。

演奏中の様子 正面から バルブは左足の指で操作

 演奏しているのはシューマンの「アダージョとアレグロ」。日本音楽コンクールの課題曲でも使われる難曲です。この難曲をいとも簡単に、しかも美しく演奏しています。すごい。

演奏中の様子 右から 癒される音です

 この動画は以前から公開されていたものですが、6月13日に新宿でトークライブが開催されたことをきっかけに話題となりました。

 今回の来日に合わせて6月16日には自伝「僕はホルンを足で吹く」が邦訳出版され、日本国内でのツアーも予定されています。

高橋ホイコ

関連キーワード

動画 | 音楽 | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう