ニュース
» 2017年06月18日 19時28分 UPDATE

俺らこんなカバーいやだ(嫉妬) 吉幾三、長女・KUの「雪國」カバーに「印税だけではすまされない」

KUさんのメジャーデビュー発表イベントに登場した吉幾三さん。親子である前にライバルといった感じ。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 歌手の吉幾三さんの長女であるKU(クー)さんが6月18日、アルバム「Which KU do you like?」(8月23日発売)でのメジャーデビューを発表しました。同日に開催された発表会には吉さんも駆け付け、娘のデビューをお祝いするのかと思いきや、楽曲へクレームをつけるという一幕がありました。吉さん!?

KUさんと吉幾三さん KUさんと吉幾三さん

 メジャーデビューアルバムの収録曲である「YUKIGUNI」は、吉さんの代表曲の一つである「雪國」をカバーしたもの。これに対して吉さんは「本当に冗談じゃないと思っているよ。日本を代表する名曲『雪國』をこんな形にされちゃって。父としては許しても、作家としては許せないこと」とライバル心むき出しでコメント。さらに、「ものすごく売れるようなことがあったら、いくら娘とはいえちょっとした訴訟を起こそうと思っている。こっちの方が売れちゃったら私の『雪國』が消えちゃうんですから、印税だけではすまされない。こういうことはちゃんとしないといけない」と爆弾発言をして会場を沸かせました。

 ステージではその後、吉さんのいる前でKUさんが「YUKIGUNI」を生披露。娘の歌声を聞いた吉さんは「じょうだんじゃねぇよ。こっちの方がいいじゃねぇか」と白旗をあげかけますが、「いい歌ですねぇ」とのMCの言葉に対しては「元がいいんだから当たり前だ」と負けず嫌いなコメント。会場からは再び笑い声があがりました。

吉幾三さんの前で歌うKUさん 吉幾三さんの前で歌うKUさん

 さらに、この日は父の日ということもあり、KUさんから吉さんへ手紙で思いを伝えるというサプライズも。KUさんが声を詰まらせながら「パパちゃんへ 今日は記念すべき発表の場に同席してくれてありがとう。歌を始めて20年。やっと大きなスタート地点に立てました。今年芸能生活45周年のパパが、支えてくれる全ての人たちに感謝の気持ちで歌ってきた姿をずっと見てきました。その歌で元気がでた、家族に会いたくなったと笑顔で帰っていくファンの方もいっぱい見てきました。私もそんな歌い手になれるように頑張ります」と手紙を読み上げると、吉さんもハンカチを手に、こみ上げてくるものを何度もぬぐっていました。

KUさん KUさん

 「父の歌だからカバーした訳ではなく、好きな歌手が歌う好きな楽曲だから『YUKIGUNI』をカバーした」というKUさん。親子でありながら、歌手として尊重し合う姿を見せてくれた2人ですが、ヒットの暁には再び吉さんの嫉妬の炎が燃え上がってしまうのかもしれません。

関連キーワード

歌唱 | アーティスト | 家族 | アルバム | 父の日


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう