ニュース
» 2017年06月19日 23時03分 UPDATE

40代前の体力は「低下」でなく「落下」 Twitterに投稿されたグラフが非情な現実を突きつける

もうやめて! とっくに筆者(中年男性)のライフはゼロよ!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 30から40歳にかけて、体力は緩やかにではなく急激に落ちる――そんな恐ろしい現実を突きつけるグラフが、Twitterをざわつかせています。あくまでも投稿者個人の感覚で、科学的なデータではないのですが、実感できすぎるからやめてくださいお願いします……。



 投稿したのは、作画教室の「アシスタント背景美塾」で塾長を務める前田耕作さん(@maedax_x)。体力の低下について、20代に描いていたイメージと現実に感じた事実とで比較し図版化しています。想像では20代半ばから緩やかに“低下”していますが、現実バージョンは30歳や35歳といった節目節目で急激に“落下”。ギリギリ無理できるのは35歳までと、非情すぎる現実を突きつけています。そういえばそのころからだな徹夜できなくなったの。


グラフ このグラフこわいよう(画像提供:前田耕作さん

 前田さんは「個人的な感覚でもありますので、みなさんはこうでないことを祈ります」と付記していますが、リプライには「30くらいを境にドーンって落ちますよね」など同意する声が多く、みなさん身につまされているようです。ただ、若いうちに身体を鍛えた人は左の(想像バージョン)グラフのように衰え、大けがでもない限り極端には衰えないとの指摘も。やっぱり基礎体力って大事ですね……。


加齢 歳をとると、肩こりやら老眼やら、健康診断の不穏な数値やらがいっぺんにやってきますしね……


(沓澤真二)


関連キーワード

グラフ | 投稿 | Twitter | 健康


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー