ニュース
» 2017年06月20日 07時00分 UPDATE

冷却シート代わりにいかが? USB充電で何度も使える「どこでも冷却スティック」がほてった体に気持ちよさそう

24℃の室内で使うと、自販機の缶ジュースくらいの温度に。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 USBケーブルで充電して、首筋や額などを冷やせる「どこでも冷却スティック」が、サンコーレアモノショップから登場しました。ほてったときに使うと気持ちいいやつだ、これ。


どこでも冷却スティック


どこでも冷却スティック 夏、暑いときに使うとこんな顔になりそう

 「どこでも冷却スティック」の電源を入れると、先端のプレートが急速に冷却。最大で周辺温度より約18℃冷たくなり、24℃の室内で使用すると自販機で販売されている缶ジュースに触れたときくらいの温度(約6℃)まで下がります。プレートには、ぬるくなりにくい仕組みが採用されており、首に5分間当ててもひんやりした感触がキープされるそうです。

 顔や額でも問題なく使用でき、体を冷やしたいときは、大きな血管がある首やわき、内ももなどに当てるのが効果的とのこと。電源がある自宅やオフィスはもちろんのこと、3時間の充電で2.5時間ほど連続使用できるので、長時間の屋外イベントなどでも使えそうです。価格は3980 円(税込)。


どこでも冷却スティック 数分間当てると、けっこう体が冷やせます


どこでも冷却スティック フル充電すると約2.5時間使えるので、屋外イベント参加時も最後まで利用できるのでは?

マッハ・キショ松

関連キーワード

冷却 | サンコー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう