ニュース
» 2017年06月20日 17時06分 UPDATE

あす 関東から西 数年に一度の大雨か

通勤や通学の時間帯は特に注意が必要です。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


大雨

 あすは関東から西で、数年に一度の大雨の恐れ。通勤や通学の時間帯は、あちらこちらで滝のような雨が降り、梅雨入りして一番の大雨か。関東も荒れた天気で、きょうとの気温差にも注意。


あすの朝 雨の強まる所は?

 あす21日は、梅雨前線が、西日本や東日本の太平洋側に停滞するでしょう。この梅雨前線に向かって、雨のもとになる「暖かく湿った空気」がどんどん流れ込むので、関東から西では、数年に一度の大雨になる所もありそうです。あすの朝6時〜9時の予想降水量は、上記の通り。この時間は、広い範囲で、10ミリ以上の「本降りの雨」が予想されています。特に、九州から東海地方は、朝は、あちらこちらで、1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」が降りそうです。

【誰かに話したくなる 豆知識】
「非常に激しい雨」って、どれくらいの雨?

 滝のように降る雨で、傘は全く役に立たなくなります。また、雨の音で、寝ている人の半数くらいが雨に気がつくくらいです。外は、水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるので、車の運転は危険なレベルです。また、地下室や地下街に雨水が流れ込んだり、マンホールから水が噴き出すこともあるくらいの雨なのです。

 九州から東海では、朝の通勤や通学の時間帯が、「非常に激しい雨」の時間帯と重なっている所が多いので、朝は、時間に余裕をもってお出かけするのが良さそうです。車の運転は、いつも以上に慎重にして下さい。

 さらに、朝だけでなく、日中も雨の量が増えるでしょう。21日18時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、四国地方300ミリ、近畿地方、東海地方250ミリ、九州南部180ミリ、奄美地方、関東甲信地方150ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫にも警戒が必要です。カミナリの鳴る所もありますので、落雷や突風にも、十分お気を付け下さい。


関東 雨や風が強まる時間は? 気温差にも注意

 そして、発達した雨雲は、東へ進む見込みです。関東に雨雲が入ってくるときには、雨雲はまとまった形ではないと見ていますが、それでも、南部を中心に、土砂降りの雨になるでしょう。関東の雨のピークは、今のところ、昼過ぎから夕方の予想です。そして、沿岸部では雨だけでなく、風も強く吹くでしょう。関東の風のピークは、あすの夕方から、日付が替わる頃にかけて。夕方は、雨も風も強いので、横殴りの雨になる所がありそうです。傘をさしても濡れてしまうので、歩いてお出かけの方は、レインコートやレインブーツを用意するのも良いでしょう。

 そして、あすの関東は、きょうとの気温差にも注意が必要です。きょうの最高気温は、前橋市や埼玉県秩父市などで、30度以上の真夏日になりましたが、あすは昼間も、気温がほとんど上がらないでしょう。東京千代田区の3時間ごとの予想をみると、ずっと、20度前後のままです。ただ、湿度が高いので、風通しの悪い所や、人の多い所では、少しムシムシするでしょう。羽織る物で調節するのが、おススメです。


大雨

関連リンク


関連キーワード

通勤時間 | 日本気象協会 | 梅雨


Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう