ニュース
» 2017年06月22日 17時36分 UPDATE

京都・清水寺周辺に“和”のスタバがオープン 築100年超の伝統的日本家屋を用いたたたずまいが渋い

畳の間でスタバのコーヒーを味わえます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スターバックスが6月30日に、「京都二寧坂(にねんざか)ヤサカ茶屋店」をオープンします。建物には清水寺へ続く二寧坂界隈(かいわい)の伝統的な日本家屋を使用。風情ある和の空間でコーヒーを味わえます。


店舗外観 伝統的なたたずまいの中にスタバができる

 店舗に用いられた家屋は、大正時代の面影が残る築100年超えの2階建て。主屋と大塀(だいべい)は「産寧坂伝統的建造物群保存地区保存計画」で伝統的建造物に指定されています。同社はこれらを可能な限り保存する形で、コーヒー文化と融合させたとのことです。


バーカウンター 1階には落ち着いたライティングのエスプレッソバーカウンターが

 京都・東山花灯路を見立てたという1階は、「通り庭」を歩くような体験ができるよう設計。前庭・中庭・奥庭のそれぞれに“つくばい”を置き、伝統的な庭の空間を演出しています。2階には靴を脱いでくつろげる畳座敷が。丹後ちりめんを使用したざぶとんも用意されています。


1階 内外からの光で通り庭を演出

座敷 床の間でオリジナルの掛け軸を見ながらコーヒーを味わえる

 営業時間は初日のみ13〜20時で、それ以降は8〜20時に。なお、歴史ある地域の文化や生活、景観に配慮して、混雑時の入場制限や店舗前での行列禁止など、利用客にも協力を求めつつ運営するそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう