ニュース
» 2017年06月22日 22時16分 UPDATE

メルカリで個人情報流出が発生 一時約5万人の名前・住所・銀行口座などが閲覧できる状態に

現在は対応を完了。

[コンタケ,ねとらぼ]

 6月22日、フリマアプリの「メルカリ」のWeb版で、一時的にユーザー5万4180人の個人情報が他者から閲覧できる状態になっていました。メルカリが公式サイトで報告しています。現在は問題を解消しており、iOSとAndroid版のユーザーは対象外。





 メルカリ公式の報告によると、6月22日にWeb版のメルカリにおけるパフォーマンス改善のためキャッシュサーバの切り替えを行ったところ、一部のユーザーの情報が他者から閲覧できる状態になっているとユーザーからの問い合わせで発覚したとのこと。発覚後、Web版のメルカリをメンテナンス状態とし、原因の究明と問題の解消を行うとともに、経緯や対象範囲の確認が行われました。

 問題が発生していたのは9時41分〜15時16分で、この間にWeb版のメルカリを使用していたユーザー5万4180人は個人情報を閲覧された可能性があります。閲覧された可能性のある個人情報は、以下の通り。

  • 名前・住所・メールアドレス・電話番号(登録しているユーザーのみ)
  • 銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限(登録しているユーザーのみ)
  • 購入・出品履歴
  • ポイント・売上金、お知らせ、やることリスト

 今後の対応については、個人情報を閲覧された可能性のあるユーザーに対し、メルカリ事務局からメルカリ内の個別メッセージで連絡するとしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう