ニュース
» 2017年06月28日 12時06分 UPDATE

日本科学未来館に新たな常設展が登場 金星探査機「あかつき」の模型、“生命らしさ”を問うロボットなど

最新のIoT技術を活用した体験型の展示も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 日本科学未来館(東京都)にIoT、機械人間、金星探査などをテーマに、最新の科学技術を紹介する新たな常設展が登場しました。


日本科学未来館 現代のインターネットの状況を反映した「インターネット物理モデル2017」

 2001年の開館時から公開されている常設展「インターネット物理モデル」は、現代の状況を反映した「インターネット物理モデル2017」にリニューアル。「アンドロイド ― 人間って、なんだ?」には、神経回路を模倣したプログラムによる複雑な動きで“生命らしさ”を問うロボット「オルタ」が追加展示されます。

 情報科学技術に関する研究を扱う「メディアラボ」では、「スマート・センシング・ウェア」(衣類に組み込んだセンサーで、体温、心拍数などのデータを取得)、「空間シェアリング」(超音波を使い、特定の場所に音を届ける)という2つの技術を紹介。宇宙、深海などをテーマとする「フロンティアラボ」には、金星探査機「あかつき」の模型や、プロジェクト参加者へのインタビュー映像などが登場します。


日本科学未来館 複雑な動きをしつづけるロボット「オルタ」。時折見せる生命らしい動きで、見る者に「人間らしさ、生命らしさとは何か」という問いを投げかけるそう


日本科学未来館 「メディアラボ」の「おえかきでんでん」。腕に装着したセンサーを使い、自分だけに聞こえる音楽、グラフィックを作り出す体験型の展示


日本科学未来館 「フロンティアラボ」には、金星探査機「あかつき」に関連した展示が登場

マッハ・キショ松

関連キーワード

科学 | 日本


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう