レビュー
» 2017年06月25日 12時00分 UPDATE

司書メイドの同人誌レビューノート:和菓子の“をかし”な話はいかが? 読んだらきっと食べたくなる「平安時代×和菓子」なイラスト集

ふんわりふわふわ。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 梅雨は明けるのかしら? 夏が来るのかしら? 突然雨が降ったり止んだりの、なんともどっちつかずなお天気ですね。もやもやした空気をさらりと払ってくれる、そんな本を開いてみます。

今回紹介する同人誌

「わがしのうた」 A5 20ページ 表紙・本文カラー

著者:すずなごん


同人誌「わがしのうた」 ふんわりまんまるほっぺと、色とりどりな和菓子が愛らしい!

雨粒一つにじんだみたい。じんわりかわいいイラスト集

 こちらの本は、和菓子をテーマにしたイラスト集で、見開き1ページに一つのお菓子を紹介し、その特徴が雅やかな言葉で詩のように添えられています。

 まずは、なにはともあれ、描かれた人物とお菓子がとっても愛らしいんです。平安時代の烏帽子をかぶった人物は、ほっぺたはもっちもちで、ふわふわしていそう。丸いフェースラインに、ちっちゃいながらもぱっちりした目とおちょぼ口がポイントです。そして、人物に加えて、お菓子も愛らしい……というのは少し不思議な言い方でしょうか? でも登場するお菓子やわらかそうな、つるんとしていそうな、そんなかわいらしさが伝わってきます。

 さらに、そんな愛らしい世界を彩る「色彩」が印象的なんです。黒ではなく墨色、赤ではなく紅色と言いたくなるような微妙な色合いが、ぽたりと水滴が落ちたようなにじみを感じる筆遣いで表現されています。じわっと染みているような世界は、なんともやさしくさっぱりとしています。

同人誌「わがしのうた」 お菓子の声が聞こえる職場……? かわいいファンタジー世界です

平安時代×和菓子はちょっぴりファンタジー。少し不思議な世界とベストマッチ

 丸いほっぺの登場人物、平安時代の宮中に仕える柏手葛光(かしわでのくずみつ)さん。お名前からしておいしそうな彼は宮中のお菓子担当としてお勤めしているのですが、いつのころからかお菓子の「声」が聞こえるようになって……そんな彼の話をまとめたのがこの本。

 お菓子の声が聞こえるというファンタジックな設定ですが、そもそも平安時代に今の私たちがイメージする“和菓子”の多くはまだ生まれていなかったそうなのです。ですが作者さんは「溢(あふ)れる季節感や繊細な彩りは、平安の人々から受け継がれているものがあるのかも」と、この本を着想なさったそうです。

 つまり、平安時代×和菓子というテーマそのものがちょっぴりファンタジー。平安の人々と、本当なら出会うはずのなかった華麗な和菓子。でも、不思議としっくりくるのは、そのありえない出会いが、遠くの幻の世界のようにやわらかく描かれてる絵柄と色彩にぴったりと合っているからかしら、と感じました。

同人誌「わがしのうた」 桜舞い散るあたたかい風と、ふわっと口の中でくずれるキメ細やかな砂糖菓子の印象が重なりますね

もしかしたらあなたにも和菓子の声が聞こえる? 読後は和菓子がほしくなる!

 「わがしのうた」では春には舌の上でふうわり溶ける干菓子、冬にはほわんとした生地にくるまれた大福、と四季に重ねた和菓子が登場します。

 そうそう、今の季節なら「あの池のように透きとおる」とお菓子から聞こえてくるような、つるんとした夏のお菓子「清流」がぴったりですね。和菓子「清流」から聞こえるのは、「両のまなこに小さな鯉の水しぶき」を思い出す……と、遠く離れてしまったかつての邸宅を思い出す声。うーん、これはもしかして「『涼』のまなこに小さな『恋』の水しぶき」? ひょっとすると、涼やかな風のようなひとときの恋の思い出があったのかしらと……和歌を読み解くようにお菓子に秘められた物語に思いをはせます。

 ああ、さっぱり和菓子に会いたくなってきました! 胸にほっと染み込む穏やかな本を開きながら、和菓子を口に運べばきっと心安らぐ時間になることでしょう。

同人誌「わがしのうた」 さわやかだけど、少し切ない……? 和菓子を食べながら、短い文章から何を読みとるのか考えてみてもいいかも

サークル情報

Webサイト:https://www.maroasobi.com/

次のイベント参加予定:COMITIA122

連絡先:maronboise89☆gmail.com(☆を@に)


今週のシャッツキステ

シャッツキステ お紅茶をお出しするのに「耳」をつけた、「けものフレンズ×シャッツキステ ジャパリカフェ」も本日が最終日。気を引き締めてお給仕いたしますよー!

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー