ニュース
» 2017年06月27日 17時06分 UPDATE

BASEが支払いアプリ「PAY ID」提供 お店だけでなく個人間でもスマホで支払い可能

友人同士でものを売り買いするときにも使える。

[エンジン,ねとらぼ]

 ネットショップ作成サービスBASEは6月27日より、スマホを使って支払いできるアプリ「PAY ID」をリリースしました。30万加盟店での決済とユーザー同士の個人間決済が可能となります。


ペイID あらゆる場面でのかんたん決済が可能となるアプリ登場

 実店舗、オンラインショップを問わず、QRコードをスマホで読み込むだけで決済が可能。支払いのたびに小銭やカードを財布から出したり、ネット上で情報を入力する手間が省けます。ポスターに掲載されたQRコードを読み込むだけでチケットを購入、といったことも可能です。店側も決済のための専用端末を用意する必要がありません。


ペイID こんな場面で小銭を落としたりすることもなくなる 


ペイID ポスターのQRコードにかざすだけ

 また、店舗と利用者だけではなく、登録ユーザー同士でも支払いが可能。知り合い同士でリアルマネーを使わない物の売買などができます(ただし、ユーザー間取引は物品の販売、イベントの参加費用など、決済の対価が証明できる場合のみ)。

個人間での取引

 まずはiOSのみで提供開始。支払用QRコードの制作には、BASEか同社のオンライン決済サービスPAY.JPへの申し込みが必要です。


エンジン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!