ニュース
» 2017年06月29日 08時59分 UPDATE

アプリ「CASH」が査定機能一時停止 現金化総額は3億6000万円以上

想定ダウンロード数は2万9241回、アイテムがキャッシュ化された回数は7万2796回。

[ねとらぼ]

 アプリ「CASH」を提供するバンクは、「CASH」の査定機能を一時的に制限したことを発表した。サービス開始から約16時間でアイテムの現金化が3億6000万以上になるなど、想定以上の反響があったことが理由とされている。


キャッシュ バンクの発表

 「CASH」は対象の物を撮影すると、お金を借り入れることができるアプリ。借り入れた後は返金する(手数料15%がかかる)か、撮影した物を送るかを選ぶことができる。スムーズにお金を借り入れられる利便性がある一方、「自分の写真じゃなくても借り入れできる」などの問題も指摘されていた。

 発表では具体的な数字にも触れられている。それによると想定ダウンロード数は2万9241回、アイテムがキャッシュ化された回数は7万2796回、アイテムがキャッシュ化された総額は3億6629万3200円、集荷依頼されたアイテム数は7512個だったという。


キャッシュ 具体的な数字

関連キーワード

アプリケーション | お金 | 査定


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう