ニュース
» 2017年06月30日 07時00分 UPDATE

将棋界のレジェンド・加藤一二三のドキュメンタリー、Eテレで放送 プロ棋士最後の半年間を描く

羽生三冠らの証言から「ひふみん伝説」の真相に迫る内容も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 先日、63年にわたる現役生活を終え、77歳でプロ将棋棋士を引退した加藤一二三さん。その最後の対局に至るまでの半年間を追ったドキュメンタリー番組「加藤一二三という男、ありけり。」がEテレで放送されます。7月1日23時から。


加藤一二三という男、ありけり。 将棋界のレジェント・加藤一二三さんのドキュメンタリー(Webサイトより)

 加藤一二三さんは1954年、当時最年少の14歳7か月でプロ棋士となり、その後、「名人」「十段」をはじめとしたタイトルを獲得。長年にわたり現役としての活動を続け、2001年には通算1200勝を達成しました。また、ユニークな性格の持ち主としても知られ、ファンなどのあいだでは「ひふみん」という愛称で親しまれています。

 「加藤一二三という男、ありけり。」は、3月に放送された「諦めない男 棋士 加藤一二三」に新たな映像を加え、再構成したドキュメンタリー。加藤さんのプロ棋士生活最後の半年間を描いているほか、羽生善治三冠らの証言とともに「ひふみん伝説」の真相に迫る内容になっているとのこと。


加藤一二三という男、ありけり。 将棋連盟による加藤一二三さんのプロフィール(Webサイトより)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう