ニュース
» 2017年06月30日 12時28分 UPDATE

北海道日本ハムファイターズ、新球場構想発表 スタジアムを核にアジアNo.1のボールパーク目指す

おいしいフードにも期待できそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 プロ野球の北海道日本ハムファイターズと親会社の日本ハムが、新球場建設構想を発表しました。「北海道のシンボルとなる空間を創造する」をコンセプトに、球場を核とした「アジアNo.1のボールパーク」を目指すとのことです。


スタジアムスタジアム 核となるスタジアムのイメージ

 同社は2016年12月から、新球場建設について多角的に調査・検討してきました。今回は実現に向けて協議してきた内容を構想として発表。国際競争力を持つエンターテイメントの場を目標とし、選手のパフォーマンスを最大限生かす、スタジアムを核にしたイメージを公開しています。コンセプトのなかで「食とスポーツの融合」も掲げられており、日本ハムならではのフードにも期待できそう。


周辺内観 スタジアム周辺と内観のイメージ

 栗山英樹監督は「壮大な夢の実現に向けて大きな一歩の前進をこのうえなくうれしく思っております」、大野奨太選手会長は「北海道、スポーツ界にとって、これまでの球場の既成概念を打ち破るような画期的なボールパークを生み出すために選手たちも現在、戦っています」と、喜びと意気込みを語っています。


コメント 栗山監督と大野選手のコメント


(沓澤真二)


関連キーワード

北海道 | スポーツ | 野球 | 競争力


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう