ニュース
» 2017年06月30日 16時00分 UPDATE

これがハリウッド版死神リュークか! 映画「Death Note/デスノート」がなんだかスタイリッシュ

Netflixのオリジナル作品として8月25日配信。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 ハリウッド版「デスノート」としてNetflixが8月25日から世界190カ国に同時配信予定の「Death Note/デスノート」のキービジュアルと予告編が解禁され、ライトやL、死神リュークの姿などが明らかになりました。

「Death Note/デスノート」キービジュアル リュークはハリウッドでもリュークだ

 過去何度か浮かんでは消えてきた海外での「デスノート」映画化をNetflixが正式に製作を発表したのが約1年前のこと。「サプライズ」「ザ・ゲスト」などで知られるアダム・ウィンガード監督が、ナット・ウルフやキース・スタンフィールド、マーガレット・クォーリーなどハリウッドの若手キャストを起用した作品の公開が迫ってきました。

デスノート ノートを手に早速400人くらい殺害しているもよう(画像は「Death Note/デスノート」予告編から)

 同作は、偶然デスノートを手にした男子高校生のライト・ターナーが、ノートに顔を思い浮かべながら名前を書いた人間を殺す力があることに気付き、生きるに値しないと思う人々を殺していくストーリー。公開された予告編では、ライトがデスノートを手にし、徐々に殺人者キラ(KIRA)と化していく様子や、それを追うL(エル)との追跡劇が描かれています。

リューク 闇に浮かぶリューク(画像は「Death Note/デスノート」予告編から)

 また、キービジュアルにはリンゴを手にするリュークの姿。原作コミックの姿をほうふつとさせます。なお、リュークの声は「プラトーン」のエライアス・グロージョン3等軍曹役などで知られる名優ウィレム・デフォーが担当します。


関連キーワード

デスノート | 予告 | ハリウッド | Netflix


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう