ニュース
» 2017年06月30日 22時30分 UPDATE

ヤフー、プロ野球ホークス戦チケット販売に価格変動制導入 AIの需要予測をもとに各試合の観戦料を設定

過去の対戦成績やリーグ内順位をもとに、AIが需要を予測して価格を設定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ヤフーがプロ野球福岡ソフトバンクホークス戦のチケット販売において、毎試合価格が変動する形式を導入します。機械学習ベースのAIを用いて試合ごとのチケット需要を予測し、毎回ニーズに応じた価格で販売します。


座席
座席 一塁線付近の選手が間近に見える、かなりいい席!

 7月17日からシーズン終了までに福岡ヤフオク!ドームで開催される、ホークス主催の27試合が対象。座席はダグアウト上部エリアの1塁側S指定席58席で、主に年間単位で販売されるプレミアムチケットです。

 過去3年間の販売実績データやリーグ内順位、対戦成績や試合日時など多様なデータから試合ごとの需要を予測し、毎回需要に最適化した価格設定を行うとのこと。試合開催時期のホークスの順位やペナントレースの状況によっては、規定価格の6500円より安く購入できるかもしれません。


販売ページ ホークス戦のチケット販売ページ。販売前なので各チケットには規定価格が付けられていますが、今後の変動が興味深いです

 同社が運営する電子チケットサービス「PassMarket」にて、7月1日より販売を開始。なおヤフオク!では7月7日から、ホームランテラスやホークス応援席といった人気チケットのオークション販売も始まります。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう