ニュース
» 2017年06月30日 23時23分 UPDATE

「アイドルになれてよかった」 ももち、15年のアイドル生活に幕

最後までアイドルでした。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 カントリー・ガールズのメンバー“ももち”こと、嗣永桃子さんが6月30日、ラストコンサート『嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち』を開催し、15年におよぶアイドル活動に幕を下ろしました。

15年におよぶアイドル活動に幕 15年におよぶアイドル活動に幕(画像は嗣永桃子|カントリー・ガールズオフィシャルブログから)

 2002年の同日に「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」に合格してから15年に渡ってアイドルとして活動してきた嗣永さん。ラストライブでは、かつてトレードマークとし、カントリー・ガールズのメジャーデビュー後は封印していたツインテール(ももち結び)を復活させるなどしてファンを湧かせました。


 ライブ後には、ブログを更新。「ステージで歌って、踊って お話しして、バラエティ頑張って 後輩と張り合って、同期にいじられて 次の道へ進んで…どんな私も大好きです!」と、“嗣永桃子”をここまで好きになれたのはファンおかげだとし、「アイドルになれてよかった。みんなと出会えて幸せだった。そう思えた15年でした おばあちゃんになっても絶対に忘れません!」と15年を振り返っています。


嗣永桃子 アイドル15周年記念アルバム ありがとう おとももち 嗣永桃子アイドル15周年記念アルバム(画像はAmazonから)

 嗣永さんは芸能界引退後、幼児教育の道に進むことを明らかにしていますが、「ももちは、ビジュアルもいいし 愛嬌あるし、運もあるので これからも大丈夫です!!!」と努めて明るく振る舞い、ファンには「私にたくさんの幸せをくれた分 これからは、自分が幸せになって下さい!! みんなの幸せを 心から願っております」と最後まで“みんなのアイドル”を貫きました。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう