ニュース
» 2017年07月04日 09時00分 UPDATE

吉野家、野菜たっぷりの「ベジ丼」を発展させた夏季メニュー「ベジ定食」登場 激辛ソースが使える「沖縄タコライス」も

「ベジ定食」は1食だけで、半日分の野菜を摂取可能。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 牛丼チェーン・吉野家に、夏季限定メニューとして「沖縄タコライス」「ベジ牛定食」が登場します。一部を除く全国の店舗で、7月6日から販売開始。


吉野家の夏季限定メニュー「沖縄タコライス」「ベジ牛定食」

 「沖縄タコライス」は、メキシコ料理「タコス」を取り入れた沖縄県の郷土料理で、ご飯にひき肉、レタス、チーズ、オリジナルのタコスソースがのっています。「ハバネロソース」が別添えされており、強い辛さを楽しむことも可能。価格は450円です。

 「ベジ定食」は、温野菜をたっぷり使った「ベジ丼」から発展したメニュー。大きめにカットしたなす、かぼちゃ、パプリカなど全6種の野菜をトマトソースと合わせており、1食だけで1日に必要とされる量の野菜の半分、1日分のビタミンA、C、Eを摂取することができます。価格は480円で、「牛小鉢」とセットになった「ベジ牛定食」は590円(すべて税込)。


吉野家の夏季限定メニュー「沖縄タコライス」「ベジ牛定食」 吉野家公式サイト

マッハ・キショ松

関連キーワード

牛丼 | 野菜 | 沖縄 | 吉野家 | 期間限定


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう