ニュース
» 2017年07月04日 18時30分 UPDATE

桃を拾ったおばあさんに「窃盗だろ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」 SNSの炎上を強烈に風刺したCMが秀逸

美輪明宏さんのナレーションが、「悪意ある言葉が、人の心を傷つけている」と投げかける。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ACジャパンが桃太郎を題材にした、新たな広告キャンペーンを開始しました。桃を拾ったおばあさんが、どこかからか飛んでくる心ない声に押しつぶされそうになる、SNSの炎上を風刺した内容。ナレーションの美輪明宏さんの声が、しっとりと問いかけてきます。


桃 桃を拾うと非難の声が!?

 川で洗濯中に大きな桃が流れてくるところまでは、皆が知る桃太郎と同じ。しかしおばあさんが桃を拾うなり、「窃盗だろw」「子どもがまねしたらどうするんだ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」「早く謝ってください」「家族も許すな!」「背景から住所分かるかも」など、見えない相手からの強い言葉が応酬されます。


炎上 過剰な言葉に埋め尽くされるおばあさん

 異様なものを思わず拾っただけなのに、過剰な言葉を浴びせられ涙ぐむおばあさん。そして「悪意ある言葉が、人の心を傷つけている」との言葉でCMは締めくくられます。


エンド 「声を荒げる前に、少しだけ考えてみませんか?」と投げかけられるエンディング

 ACジャパンは一連の広告活動をキャンペーンと呼び、毎年6月から内容を検討し翌年7月1日から新キャンペーンを実施しています(参考:公式サイト)。今回のCMもその1つで、「声を荒げて意見する前に、言いがかりになっていないか、傷つく人がいないか考えてみませんか」と、ネットモラルの問題に一石を投じるもの。同様の広告はラジオや新聞などでも展開されます。


新聞版 新聞広告版

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう