ニュース
» 2017年07月05日 11時36分 UPDATE

「そのヌードには、秘密がある」 横浜美術館で「ヌード」展開催

ドキドキ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2018年3月24日〜6月24日まで、横浜美術館で「ヌード NUDE -英国テート・コレクションより」が開催されます。日本初公開のロダン「接吻」をはじめ、ターナー、マティス、ピカソなど名だたる芸術家たちのヌードを主題とした作品が集結するとのこと。





 この展覧会は、2016年のオーストラリアを皮切りにニュージーランド、韓国へと国際巡回をしてきました。世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史をひもときます。


横浜美術館 ヌード 英国テート・コレクション 展示予定の作品(画像は横浜美術館公式サイトから)

 主催は横浜美術館、読売新聞社、テート。後援としてブリティッシュ・カウンシルとJ-WAVEが名を連ねています。開館時間は10時〜18時(入館は17時30分まで)、 休館日は毎週木曜日と5月7日(ただし祝日の5月3日は開館)。

 観覧料は、以下の通り。

  • 一般:1600円(前売1400円/団体1500円)
  • 大学と専門学校生:1200円(前売1000円/団体1100円)
  • 中学と高校生:600円(前売400円/団体500円)
  • 小学生以下:無料
  • 65歳以上:1500円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)    
※かっこ内は前売および有料20人以上の団体料金(会場でのみ販売、要事前予約)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1人)は無料

※観覧当日に限り本展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可

 いつの時代においても永遠のテーマとしてあり続け、ときに批判や論争の対象にもなってきたヌード。その歴史が、横浜美術館に集います。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう